資格

福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

福祉心理アドバイザーとは?

福祉心理アドバイザーは、福祉の知識を持ち、アドバイザーとしても活躍できる人が名乗ることができる資格です。心理アドバイザーとして必要な、心の悩みや心の病に関する知識とアドバイスができるだけでなく、福祉心理アドバイザーは福祉に関する知識も必要です。老人や障がい者の介護に関する知識などを持つ事で、福祉に関する幅広い分野での心理アドバイスができるようになります。

障害を持っている方やお年寄りなど、思うように体が動かせない方は、ストレスや不安を抱えています。福祉心理アドバイザーは、そういった悩みに寄り添って、生活を改善したり不安を取り除くアドバイスをします。
福祉心理アドバイザーは、福祉施設や老人介護施設での仕事が主になります。福祉と心理に関する仕事の需要はこれからさらに増えていくことが予想されます。福祉心理アドバイザーは、これから先の可能性が広がっている資格と言えます。

福祉心理アドバイザー認定試験とは?

福祉心理アドバイザー認定試験は、日本インストラクター協会が主催している資格です。日本インストラクター協会は、単に資格に関する知識を持っているだけでなく、その知識をヒトに教えて、新しい人材を育成する事の出来る能力を育てることを目標としています。そのため、福祉心理アドバイザー認定試験では、福祉に関する知識を始め、心理カウンセラーとしても活躍できるレベルの、心理学の知識も求められます。お年寄りや障がい者の方の心の悩みを解決できる力量をもった人材の育成が目標です。カウンセラーには特別な資格は必要ありませんが、福祉心理アドバイザーの資格は、カウンセラーを目指す方にはおすすめの資格です。カウンセラーの需要は年々高まっていますので、福祉心理アドバイザー認定試験に合格する事で、カウンセラーとしての活躍の場が広がる可能性があります。

福祉心理アドバイザー認定試験を受験した人の口コミと評判

「福祉心理アドバイザー認定試験を受験したことで、仕事にも役立ちました。職場の介護施設のお年寄りの考えや悩みが理解できるようになった気がします。」

「福祉に関する仕事をしたいと思い、福祉心理アドバイザー認定試験を受けました。人の心の悩みが分かるようになれば、もっと仕事の選択の幅が広がると思います。この資格を取得してよかったです。」

福祉心理アドバイザー認定試験の受験について

福祉心理アドバイザーは、インターネットから手軽に申し込むことができます。主催の日本インストラクター協会のホームページから申し込み、試験は在宅で行います。福祉心理アドバイザーの受験料は10,000円です。申し込みをした後に試験問題と解答用紙が自宅に届きます。受験料はその時に代金引き換えで支払う仕組みです。自宅で試験が受けられるため、資格試験になれていない方でも、リラックスして受験できるのが人気です。

福祉心理アドバイザー認定試験の難易度

福祉心理アドバイザーは比較的難易度の低い資格です。全体の70%の正解で合格基準に達します。試験範囲は、心理学の基礎的な知識と、福祉に関する知識や介護に関する知識です。受験資格は特にないため、カウンセラーを目指したいけれども心理学の知識はないという初心者がまずチャレンジしてみるにはぴったりの資格です。

試験の関連記事
  • ドッグトレーニング
    犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 夢占い
    夢占い資格人気ランキング
  • 姿勢
    姿勢資格人気ランキング
  • ファスティング
    ファスティング資格人気ランキング
  • スーパーフード
    スーパーフード資格人気ランキング
おすすめの記事
夢占い
試験
目次夢鑑定とは日本アロマメディカル心理セラピー協会とは夢鑑定セラピスト認定試験を受けるには夢鑑定セラピスト認定試験の口コミ・評判<まとめ> ...
試験
納豆やヨーグルト、お酒など私たち人間の周りには様々な発酵食品があります。 日本には特に伝統的な発酵職が多く何気なく使っているみりんやお酢も発...
資格
ランキング
みなさんはインテリアという言葉はよく耳にされているのではないでしょうか? インテリアとは建物の内面・内装などのことです。 ではエクステリアと...