注目の記事 PICK UP!

温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

資格

温泉観光アドバイザーとは

日本人で温泉が嫌いという人は少ないでしょう。そんな温泉に関する資格があります。全国の温泉の所在地、泉質、泉温、効能、特徴を理解しているだけでなく、温泉にまつわる歴史など観光に関する知識を持っていると証明される資格です。それが「温泉観光アドバイザー」です。またアドバイザーですからアドバイスをする能力も必要でしょう。

温泉観光アドバイザー認定試験

温泉観光アドバイザー認定試験は「日本生活環境支援協会」が主催しています。と言っても講習を受け、大勢で受験するのではなく、在宅受験で資格取得が可能です。この協会では同じような在宅受験でパワーストーンスペシャリスト認定試験、羊毛フェルトアドバイザー認定試験、ビジネスマネージメント認定試験、環境生活指導士認定試験などの生活に結びついた資格を得る試験が受けらます。

では「温泉観光アドバイザー認定試験」の申し込みから受験までの流れを説明します。

①「日本生活環境支援協会」のホームページで申し込みをします。この時受験者情報を入力します。

②その後協会から受験票、試験問題、解答用紙、返送用封筒が送られてきます。

③受験料(税込み:10,000円)は②の時に配送スタッフに支払います。

④設定された試験期間内で都合のいい日を選んで在宅で受験します。

⑤解答が終わったら、提出期限までに返送用封筒に入れて協会に送ります。

自分の都合のいい日、時間帯に自宅で受験できるので、仕事をしている方も家事や子育てで忙しい方も気軽に受験できます。

温泉観光アドバイザー認定試験の口コミ・評判

口コミで広まったと言われているこの温泉観光アドバイザーの資格ですが、その理由は取得しやすいことと覚えやすいことのようです。やはり温泉には誰もが興味があるし、旅行に行くときにも役立つせいもあるのでしょう。

またこれは一般の人だけではなく、日本各地の観光協会からも一定の評価を得ているようです。旅行会社やバスガイドさんが持っていても役に立ちそうですね。最近は外国からの観光客も増えているので、英語もできればますます資格が活きてきますね。

温泉観光アドバイザーと仕事

実際に就職には役に立ってくれる資格なんでしょうか?実は各観光地の求人だけでなく、出版業界でも就職には有利になるそうです。まだまだ少ない温泉観光アドバイザーは、十分仕事として使えそうです。工夫次第では今ならまだ商売に結び付きそうな資格です。

アドバイザーですから人にその温泉の良さなどを教えてあげたり、どのようにしてできたかを正しく説明したりという能力も必要です。ですからカルチャースクールの講師、ネット上でのアピールで仕事に結びつけていくことも可能ではないでしょうか?

温泉についてーいかにこの資格に価値があるか

日本には温泉地が何カ所あるか知っていますか?なんと3,088カ所あるんです。そして温泉施設の数は21,161カ所、その年間延べ宿泊者数は127,974,837人!(環境省自然環境局:2016年3月の資料より)

これだけの数の温泉地、宿泊者数です。温泉観光アドバイザーの人手不足と言われているのもわかりますね。もっといろいろな形でこの資格を活かす方法はたくさんありそうです。その上外国からの観光客も年々増加傾向にあります。これからもっと活躍の場は広がることでしょう。

<まとめ>

日本人になじみ深い温泉。これだけ多くの温泉地があることさえ、知っている人は多くはないのではないでしょうか?その泉質や効能などもよく知らずに入っている人も少なくないのかもしれません。ぜひアドバイザーとして教えてあげたいですね。

また広く温泉のことを知ってもらうためには、ネット上のSNSなどは欠かせないでしょう。そこでひとつひとつの温泉の詳細がわかれば、どういう温泉にこんな目的で行くんだという旅もまた楽しいことでしょう。あなたの知識がきっと役に立ちます。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

  2. 資格

    製版技能士

  3. 資格

    半導体製品製造技能士

  4. 資格

    原子炉施設の管理区域内において、核燃料物質等を取扱う業務に係る特別教育

  5. 資格

    木型製作技能士

  6. 資格

    MOUS(MOS)資格試験

  7. 資格

    公認会計士

  8. 資格

    幼児食マイスター認定試験口コミ評判

  9. 資格

    ずい道等の掘削、覆工等の業務に係る特別教育

資格ランキング