注目の記事 PICK UP!

レターライティングマスター口コミ評判

資格

レターライティングマスターとは?

レターライティングマスターとは、日本語が本来持つ美しい言葉や言葉遣いを理解し、日本語特有の季語や敬語などを使って、美しい文章の手紙を書く事が出来る能力がある人に認定される資格です。パソコンやスマートフォンがコミュニケーションツールとして一般的になっている現代で、本当に美しい手紙を書いたことがあるという人は少ないでしょう。しかし、今でも手紙のマナーは大切なスキルの一つです。ビジネスの場で使うメールなどで、きちんとしたマナーに則った文章を書くという事はとても重要です。レターライティングマスターは、そうした手紙のマナーを学ぶためにも非常に役立つ資格です。手紙にはパソコンでは出せない、その人独特の味があります。どれだけ時代が変わっても、必ず役に立つスキルなので、レターライティングマスターの資格を取得して、美しい手紙を書けるスキルを身に付けましょう!

レターライティングマスター認定試験とは?

レターライティングマスター認定試験は、日本デザインプランナー協会が認定をしている資格試験です。美しい日本語を使った手紙を書くことを目的に、季語や敬語をしっかり理解し、手紙のマナーをきちんと持った人に与えられる資格です。試験の内容は、実際に手紙を書くことを想定し、手紙を書く際のマナーや言葉の使い方などの知識が求められます。レターライティングマスターの資格を得る事で、自分が手紙を書く時に役立つだけでなく、手紙のプロフェッショナルとして、自分の知識を人に教えられる能力も身に付きます。

レターライティングマスター認定試験を受験した人の口コミと評判

「ビジネス文書を書くのが大の苦手で、レターライティングマスターの資格を取る事で、手紙を書くのに役立てたいと思いました。手紙に関する様々なマナーやルールを知る事ができたので、とても実践的な内容の資格試験です。」

「レターライティングマスターの資格を取った事で、仕事でのメール作成が区ではなくなりました。会社でメールのマナーの講座を開いたり、ビジネスでのキャリアアップにも繋がりました。手紙のスキルやマナーはとても大切なものだと思うので、レターライティングマスターの資格をいかして、副業で手紙の書き方などを教えるのも考えています。」

レターライティングマスター認定試験の受験について

レターライティングマスター認定試験の申し込みはインターネットで行います。レターライティングマスター認定試験の申し込みは、日本デザインプランナー協会のホームページから行います。試験は在宅での受験になるので、レターライティングマスター認定試験に申し込むと後日自宅に問題用紙と解答用紙が送られてきます。その受け取りの際に、受験料の10,000円を代金引換で支払います。仕事があって休めず、忙しい人でも自宅で試験を受けられるのが人気です。

レターライティングマスター認定試験の難易度

レターライティングマスター認定試験は、特別な受験資格は必要ありません。手紙のルールやマナーを学び、ビジネス文書に活かすことのできる資格なので、すべての人におすすめできる資格です。レターライティングマスター認定試験合格のためには、全体の70%以上の正答率が必要ですが、難易度は比較的優しい試験です。手紙のルールや季語、敬語などの適切な選び方などが出題されます。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    メンタルヘルス・マネジメント検定

  2. 資格

    配管技能士

  3. 資格

    畳製作技能士

  4. 資格

    テクニカルイラストレーション技能士

  5. 資格

    防水施工技能士

  6. 資格

    生活のスキルを認定、日本生活環境支援協会の口コミ評判

  7. 資格

    食品衛生管理者

  8. 資格

    温泉観光資格人気ランキング

  9. 資格

    日本料理インストラクター口コミ評判

資格ランキング