皆さん、トレーニングサポーターという言葉を知っていますか?
ジムに通っている方や筋トレが趣味の方はご存知かもしれません。
トレーニングサポーターとはジムなどで利用者のトレーニングをサポートする人のことを言います。
トレーニングの知識を持っているか持っていないかではトレーニングの効率が大きく変わります。
ですのでトレーニングサポーターの存在はとても重要です。
実際にトレーニングをサポートしてもらったことがある人は自分にもこんな知識があれば…と思ったことがあるかもしれません。

そんなしっかりとした知識を持つトレーナーを目指すなら、トレーニングサポーターという資格を取得してみてはいかがでしょうか。
自分の筋トレに役立ててもよいですし、お仕事に役立てるのもよいでしょう。
筋トレが好き、筋トレの質を上げたい方にお勧めの資格です。
それではトレーニングサポーターの口コミ評判などを見てみましょう。

トレーニングサポーターとは?

トレーニングサポーターとは筋トレの基礎知識があると認められる資格です。
トレーニング器具の使い方やトレーニングに合わせた食事、筋トレ食品や筋トレの前後で行うストレッチなど筋トレに関する多くの知識を幅広く身につけることができます。
資格取得後はジムでトレーナーとして働いてもよいですし、トレーニングサポーターとしてカルチャースクールなどで講師として活動するのもよいでしょう。

また、トレーニングサポーターは日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格で、日本生活環境支援協会は生活をよりよくするスキルが一定以上であることを基準としています。
このことから、トレーニングサポーターのスキルを一定以上証明できるので、就職をする際などのアピールになるのでしょう。
トレーニングに関する基礎知識を身につけられるので現在トレーナーとしてジムで働いている方のスキルアップはもちろん、あらゆるスポーツのトレーナーにもおすすめの資格です。
スポーツをする人にとって体を鍛えるというのはとても大事なことです。
なので、トレーナーの方だけでなく、趣味としてスポーツをしている方もより長く楽しくスポーツを続けていくために、トレーニングサポーターを取得してみてはいかがでしょうか。

トレーニングサポーターの口コミと評判

トレーニングサポーターを取得した人はダイエットに役立てたい、子供や生徒のトレーニングに役立てたい、トレーナーとしてスキルアップしたいなどの理由で取得している人がいるようです。
より効率的なトレーニングを実践できるようになった、筋トレのモチベーションが上がった、生徒の試合の成績が上がってきたなどの声もありました。
仕事から趣味までほとんどの人が満足しているようでした。
部活動にもトレーニングサポーターを役立てていることもあり、将来プロスポーツ選手を目指す方にもお勧めしたい資格です。
趣味で筋トレをしているまたはしたい、仕事に役立てたいと考えている方はトレーニングサポーターの取得を検討してみてはいかがでしょうか。

トレーニングサポーターを取得するには?

日本生活環境支援協会のホームページから申し込む必要があります。
よく特定の講座を受けなければ受験資格が得られない資格がありますが、トレーニングサポーターは受験資格は必要ないので、誰でも受験できます。
また、在宅受験となっているので申し込みから受験まで全て自宅で行うことができ、忙しい方でも取得可能です。
試験開催のペースは2ヶ月に1回となっているので、気軽に受験ができます。
受験料は1万円とお手ごろな価格というのも人気の理由でしょう。
詳しい受験方法ですが、受験の申し込みをすると、問題用紙と解答用紙、返却用の封筒が届きます。
問題を解いた後は提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を送り、その後合否通知が送られてくることになっています。
筋トレ  筋トレ

おすすめの記事