DIY工作アドバイザー口コミ評判

DIY工作アドバイザーとは?

DIYというと、これまでは日曜大工と言うイメージがありましたが、最近ではDIY女子という言葉も流行し、女性も楽しめる趣味として人気が高まってきました。ホームセンターなどでは、女性でも使いやすい工具のコーナーができたり、DIYは非常に身近なものになりました。DIYアドバイザーは、趣味でDIYを楽しんでいる人にもおすすめの資格です。自分で家具や小物を作ったりするのが好きという方は、DIYアドバイザーの資格が役に立つでしょう。DIYアドバイザーは、DIYに関する基礎的な知識が身に付き、工具のつかい方や実際に家具などを作る技術を人に教えることのできる能力も求められます。DIYを趣味だけでなく、仕事にも生かせる資格です。また、自分で作ったDIY作品をインターネットで販売するという人も増えており、DIYアドバイザーの資格は、アーティストとしてのアピールにも役立ちます。

DIY工作アドバイザー認定試験とは?

DIYアドバイザー認定試験は、日本生活環境支援協会が認定する資格です。DIYに関する基礎的な知識や工具の使用方法を始め、DIYの製作や道具、材料選びに関するアドバイスを行える知識と技術がある人を育成する事が目的の資格です。資格を取得することで、DIYアドバイザーとして教室を持ったり、カルチャーセンターで講師をするなど、活躍の場が広がります。また、DIYアドバイザーの資格をいかして、プロとしてDIYの作品を販売して活躍している人もいます。

DIY工作アドバイザー認定試験を受験した人の口コミと評判

「昔から家具を作ったりするDIYが好きだったので、独学ではなくもっと知識を増やしたいと思って受験しました。ものづくりを楽しみたい方にはぴったりの資格だと思います。」

「DIYについての基礎的な知識が求められる資格なので、非常に役に立つ資格です。仕事のストレス解消にもなるし、将来DIYの作品を作って販売する事も考えています。」

DIY工作アドバイザー認定試験の受験について

DIY工作アドバイザー認定試験を受験するには、インターネットで申し込みをします。申し込みは、日本生活環境支援協会のホームページから行います。DIY工作アドバイザー認定試験の受験料は10,000円です。受験料は、後日送られてくる問題用紙と解答用紙の受け取りの際に支払います。試験は自宅での受験になるので、普段と変わらない環境で試験を受けられます。

DIY工作アドバイザー認定試験の難易度

DIY工作アドバイザー認定試験は、受験資格は特にありません。趣味でDIYを楽しんでいた人が受験する事が多いため、難易度もそこまで高くなく、初受験でも合格する可能性はあります。DIYアドバイザー認定試験に合格するには全体の70%の正答率が求められます。試験範囲は、主にDIYに関する基礎的な知識です。のこぎりやルーター、カンナなどの道具の使い方や、マスキングテープやボンドなどの副資材、木材などの材料に関する知識なども求められます。また、家具の作り方に関する基礎的な問題から、壁紙の貼り方など、非常に実践的な内容の問題も出題されます。DIYの知識の幅を大きく広げられるため、DIYをこれからもっと極めていきたいという方にはぴったりの資格です。DIYの人気は今後も末永く続くことが予想されるため、DIY好きの方には是非取得をおすすめします!

試験の関連記事
  • お菓子資格人気ランキング
  • 手づくりパン資格人気ランキング
  •  ぬか漬け資格人気ランキング 
  • はちみつ資格人気ランキング
  • 塩資格人気ランキング
  •  出汁資格人気ランキング
おすすめの記事
アーク溶接等の業務に係る特別教育
試験
アーク溶接等の業務に係る特別教育は、建設業や製造業での労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して...
スペイン語技能検定(西検)
試験
スペイン語技能検定(西検)は、日本スペイン協会が実施しているスペイン語の検定試験です。1級から6級までの試験を実施しています。 〇スペイン語...
放電加工技能士
試験
放電加工技能士は、火花放電エネルギーという電極を用いて放電加工をする作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度に...
夢鑑定セラピスト認定試験口コミ評判
試験
夢鑑定とは 私たちの中には意識がふたつ存在しています。ひとつは「顕著意識」です。これはふだん自分がわかっている意識のことです。もうひとつは「...
貴金属装身具製作技能士
試験
貴金属装身具製作技能士は、ペンダント・リング・ブローチなどの装身具貴金属装身具製作に必要な技能を持つ方で、技能検定制度による国家資格者です。...
紅茶資格人気ランキンフ
試験
紅茶を飲む習慣が生まれたのはイギリスの宮廷からとされているだけに、ほかの飲み物とは違う、ちょっとぜいたくで優雅な趣が感じられます。それだけで...