たくさんの野菜や果物を学ぶことで、健康管理や病気予防、美容への活用法を知ることが可能です。野菜嫌いな子どもさんも野菜好きに変えることができるし、野菜の調理法や美味しさを見分けることで料理や買い物が楽しくなってきます。資格取得後には、野菜と果物についてのセミナー講師になったり、レストランなど仕事でも活用できます。

1位【オーガニック野菜ソムリエ】

「オーガニック野菜ソムリエ」の資格では、野菜ソムリエとして季節ごとの野菜の現地や栄養について、そして保存法、レシピなどについての知識が求められます。

野菜ソムリエの資格は、「オーガニックの知識を深めたい」「食の分野で活躍したい」「食の知識で自身をつけたい」「身体によい食事について学びたい」「オーガニック料理で生活リズムを整えたい」
「オーガニック料理を自分で作りたい」「家族が喜んで食べることのできる健康的な料理を作りたい」
といった人にとてもおすすめの資格です。

「オーガニック」とは、できるだけ自然に育てられた旬の食材を選ぶことで、その調理法や美味しさ楽しさを伝えることができます。

「オーガニック野菜ソムリエ講座」を受講することで、安心で安全、シンプルで美味しい調理方、オーガニックの意味と意義やその目的などを伝えることができます。

「オーガニック野菜ソムリエ」の資格をとるメリットとして、信頼性とブランド力がまったく違ってくるし、肩書きを持つことでいろいろな人にアピールできるようになってきます。

資格取得後は、たくさんのオーガニック仲間と知り合いになることで、さまざまなイベントやセミナーに参加することができます。

2位【健康野菜の育て方インストラクター】

最近では自宅で野菜を栽培する「家庭菜園」などをされている人を多く見かけるようになりました。

品種改良によって、プランターなどで作れるミニ野菜や病気になりにくい品種も作られてきています。

「種から育てる」というよりも「苗から育てられる」といったことで、誰でも野菜作りが簡単にできるようになってきたということです。

また、野菜を育てるために「土」も手軽に野菜作りを始めることができるように販売されるようになってきました。

ただ、野菜作りには基本的な知識が必要になってきます。そのため、野菜を育てる要素として重要なことは、最適な温度や水やし、栄養素などが不可欠です。

また、季節によって作れる野菜も変わってきますし、それぞれの季節ごとに作れる野菜を知ることで一年中野菜を作れるようになってきます。

最近は、インターネットでの情報をもとに野菜を作るためのノウハウを入手できるようになってきました。

「健康野菜の育て方インストラクター」では季節ごとのヤシあの育て方、含まれる栄養素、野菜に合う食材に関する知識が求められてきます。

「野菜ソムリエ」の資格と同時に資格取得できるのが「健康野菜の育て方インストラクター」の資格です。短期間で取得が可能で野菜や果物の特徴などを理解したり、さらにおいしく野菜料理をつくることや野菜を育てるためにはぜひ知っておきたい内容です。

家庭菜園、庭での野菜の育て方、小スペースにおいての野菜の育て方が学べます。

3位【野菜ソムリエ】

「野菜ソムリエ」は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格です。毎日の食生活に欠かせない野菜・果物の幅広い知識を身に付けることで、家族の健康や食に関するさまざまな仕事に活かすことのできる資格です。

今では、すでに5万人以上の野菜ソムリエがさまざまなフィールドで活躍しています。

野菜ソムリエの資格としても3種類あって、自分の目的に合わせたコースを受講できます。

1)野菜ソムリエ

・野菜の選び方
・家族の健康管理のための野菜
・食生活を豊かにする野菜

2)野菜ソムリエプロ

・野菜や果物のプロとして企業や自治体と仕事
・メディア出演や本の出版
・イベント講演

3)野菜ソムリエ上級プロ

・企業や開業など個人で事業を展開
・食関連のイベント総合プロディース

「野菜ソムリエ」の資格は、日本ソムリエ協会が主催しているもので、資格取得後の可能性を広げるために、たくさんのイベントやセミナーが用意されています。

4位【野菜コーディネーター】

「野菜コーディネーター」とは、野菜や果物の品種の選び方、保存方法などの知識について知っていたり、野菜の栄養素などを最大限に引き出す調理法をマスターした人のことです。

また、「野菜」について広く考えられる人のことで、健康的な食生活を実現できる資格を持った人のことです。

「野菜コーディネーター」の資格を取るには、「野菜コーディネーター養成講座」を受講しなければなりません。

いま、健康志向の高まりとして見直されてきたものが「野菜」「果物」の重要性です。

それは、女性の美や健康にとっても欠かせないものだし、せっかく食べるのであれば食材の持つ栄養素を最大限に活かすことも大切になってきます。

「野菜コーディネーター」の講座を受講することで、野菜や果物の特徴、選び方、保存方法、おいしさと栄養素など最大限に引き出す調理方法やレシピがしっかりと身に付いてきます。

講座では野菜や果物に含まれる栄養素や知識のほかに「ダイエット」「疲労回復」「冷え性の解消」など健康に役立つレシピもたくさん紹介されています。

野菜コーディネーターの受講、受験費用は36,000円かかりますが、資料請求は無料でぜひ一度請求してみることがおすすめです。

講座を修了することで、一般社団法人ホールフード協会から「野菜コーディネーター」の資格が認定されます。

5位【ベジタブル&フルーツアドバイザー資格】

「ベジタブル&フルーツアドバイザー資格」では、3か月に身に付けられる充実のカリキュラムが魅力です。

学習時間もわずか15分程度で、野菜や果物が身体にもたらす影響を学ぶことができます。

例えば、野菜や果物に含まれる栄養素やそれが身体にもたらす働き、必要な摂取量、野菜についての知識、効果的な食べ合わせや調理法までをわずかな期間で身に付けることができます。

テキストも初心者目線から「やさしい表現」「イラスト&図鑑」などを使いわかりやすく、しかも楽しく学べるようにしてあります。

勉強の苦手な人もこの教材であれば、安心して続けることが可能です。

資格取得後には、「野菜と果物に関するソムリエ」を名乗ることができる信頼性の高い資格です。履歴書や名刺にも記載できるようになります。

講座修了後には「ベジタブル&フルーツアドバイザー資格」にも取得を目指すことも可能です。

試験は自宅でも受験できますので、リラックスしながらじっくりと受けることができます。

また、何回でも受験できますのでとても安心です。

【まとめ】

野菜や果物についての知識に興味のあるママさんたちが増えてきています。野菜の資格を取ることで仕事でも独立・開業までをサポートしてくれるのもひとつの魅力です。野菜の資格では自宅のキッチンでも始められるので、仕事や子育てなどと両立しながら働くこともできます。
オーガニック野菜資格  オーガニック野菜資格

おすすめの記事