注目の記事 PICK UP!

染色技能士

資格

染色技能士は、染色に必要な技能を持つ方で、技能検定制度による国家資格者です。

〇染色技能士制度について

染色技能士とは、職業能力開発促進法による技能検定制度の一つで国家資格となります。厚生労働省ホームページから確認しますと、現在1平成28年度現在127種類の技能検定があります。

http://www.mhlw.go.jp//stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/ability_skill/ginoukentei/index.html

技能検定試験は、中央職業能力開発協会が試験問題を作成して、都道府県の職業能力開発協会が試験を前期と後期にわけて実施しています。

http://www.javada.or.jp/

〇染色技能士の等級レベルと受験資格

染色技能士の称号レベルには下記のようになっています。

  • 1級:上級の技能者が通常有すべき技能とこれに関する知識の程度を有する者
  • 2級:中級の技能者が通常有すべき技能とこれに関する知識の程度を有する者

区分は以下の通りです。

  • 糸浸染作業
  • 型紙なせん作業
  • スクリーンなせん作業
  • 染色補正作業
  • 織物・ニット浸染作業

なお、現在は「染色補正作業」の試験区分のみ実施しています。

受験資格は以下の通りです。

  • 1級:7年以上の実務の経験を有する者・2級合格後2年以上の実務経験がある者・指定学科卒業で実務経験が短縮されます。
  • 2級:2年以上の実務の経験を有する者・指定学科卒業で実務経験が短縮されます。

〇染色技能検定試験

染色技能検定試験の内容は以下の通りです。

  • 試験日:年2回実施していまして、前期6~9月と後期11月~2月に開催されますが、都道府県によっては実施していない場合や日程等も違うことがあるのでご確認下さい。http://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html
  • 試験会場:各都道府県で指定された試験会場で行われます。
  • 試験内容:学科試験と実技試験について試験が行われます。
  • 試験科目:試験科目は以下の通りです。
  1. 学科試験:関連するものとして、染色加工一般・材料一般・繊維製品・試験及び測定・色彩・安全衛生の分野から、真偽法及び四肢択一法が50問出題されます。
  2. 実技試験:製作等作業試験・判断等試験・計画立案等作業試験のいずれかか、それらの組み合わせにより実施されます。
  • 合格基準:それぞれ100点満点で学科試験が65点以上、実技試験が60点以上となっています。
  • 合格率:この種目だけの試験結果は非公表ですが、全種目の技能検定試験結果では厚生労働省・平成26年度「技能検定」実施情報で確認してみますと1級38.4%、2級26.4%となっています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000093483.html

〇染色技能士の仕事内容等

染色技能士を取得しますと、国家資格保持者として「〇級染色技能士」の称号を得ることができます。資格を保持していない者が称号を名乗ることは法律で禁止されています。

試験においては実技試験にて、文様の消し作業・ぼかしの合わせ作業・小紋直し作業が行われています。実際に実務で製作する際に行っている職人さんが技能試験を受けているようです。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    塗料調色技能士

  2. 資格

    特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者

  3. 資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

  4. 資格

    機械・プラント製図技能士

  5. 資格

    福祉住環境コーディネーター(1級~3級)

  6. 資格

    築炉技能士

  7. 資格

    ロープ高所作業に係る業務に係る特別教育

  8. 資格

    時計修理技能士

  9. 資格

    加工施設等において核燃料物質等を取扱う業務に係る特別教育

資格ランキング