福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

福祉心理カウンセラーとは?

現代はストレス社会とも言われています。うつ病やメンタルヘルスの悩みなど、多くの人が心の病を抱え、社会問題ともなっています。忙しい人ほど、毎日の生活に追われて自分の心の状況に気付くのが難しく、気が付けばうつ病になるまで追い込まれているということも少なくありません。

また、高齢化社会が進み、一人で暮らす高齢者の中にも心の病を抱えている方も増えています。高齢者には、老いの問題、家族の問題、病気の問題など、様々なストレス要因があるからです。

福祉心理カウンセラーは、そんな人々の心の悩みを支え、サポートするための役割をします。精神科や心療内科も、増え続ける患者に対応が追い付かず、患者さん一人一人にカウンセリングの時間が取れない状況です。福祉心理カウンセラーは、医療現場や介護施設などで、心理カウンセラーとして活躍します。人々の心の悩みを一緒に解決するためのお手伝いができる福祉心理カウンセラーは、とてもやりがいのある仕事です。

福祉心理カウンセラー認定試験とは?

福祉心理カウンセラー認定試験では、福祉に関する知識と、カウンセリングに必要な心理学の知識をもとに、ストレスが原因で起きる心の病を改善するための力量が問われます。カウンセラーになるには資格は本来必要ないのですが、実際のところカウンセラーとして就職するためには、カウンセリングに関する何らかの資格が求められる場合が多いです。日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の福祉心理カウンセラー認定試験なら、カウンセラーとしての資格として通用するので、カウンセラーを目指す方は是非取得するのがおすすめです。

福祉心理カウンセラーの資格を取得した後は、福祉の知識をいかして介護施設や医療機関、教育機関などでカウンセラーとして活躍できるほか、企業の産業カウンセラーなどの道もあります。カウンセラーの需要は年々増加しており、福祉心理カウンセラー認定試験の資格を取る事で、様々な分野でいかせます。

福祉心理カウンセラー認定試験を受験した人の口コミと評判

「現在福祉施設に勤務していますが、福祉心理カウンセラーの資格を取得したことで、利用者のカウンセリングだけでなく、施設の職員が抱えるストレスに対してもアドバイスができるようになり、非常に役に立っています。」

「福祉業界への転職活動の際に、カウンセリングの資格を持っていると有利だと思い、福祉心理カウンセラーの資格を取得しました。実際に面接でも大きなアピールポイントになり、カウンセリングの知識が実務で役立っています。」

福祉心理カウンセラー認定試験の受験について

福祉心理カウンセラー認定試験を受験する場合は、インターネットから申し込みをします。受験申し込みは主催の日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページから行います。福祉心理カウンセラーの受験料は10,000円です。自宅で試験を受ける形式のため、申し込みをした後に試験問題と解答用紙が自宅に届きます。受験料はその時に代金引き換えで支払う仕組みです。

福祉心理カウンセラー認定試験の難易度

福祉心理カウンセラーの合格基準は、約70%の正解率です。試験範囲は基礎的な心理学の知識の他、介護や児童福祉学などについての知識も求められます。受験資格は特にありませんので、福祉やカウンセリング、心理学を学んでいない人でも受けられます。試験は偶数月に行われているので、受験のチャンスも多いです。

おすすめの記事