注目の記事 PICK UP!

焼酎資格人気ランキング

あなたは焼酎について詳しい知識を持っていますか?
実は世の中には焼酎に関する資格があるんです。

どのように作られているのか、どんな歴史を持っているのか。
どんな材料を使っているのかなど、焼酎に関する歴史などの基礎知識から製造法までを詳しく知っている人に与えられる資格があるのです。
それら以外にもどうやって飲んだら美味しくいただけるのか等楽しい知識を身に着けることも出来るので最近密かに人気が出てきている認定資格です。
職業に活かすことも出来る資格なので趣味の延長だと思って焼酎に関する知識を資格取得と一緒に身に着けてみたいと思いませんか?

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎セレクトマイスターは日本安全食料料理協会が主催する認定試験に合格することで与えられる資格です。
焼酎の歴史や製造法、原材料の種類などの焼酎に関する基本的な知識を身に着ける必要があります。
基本的な知識以外にもどうやって飲めば美味しく飲むことが出来るのかなどを学ぶことも出来ます
・ロック
・ソーダ割
・水割り etc…

酒屋で働いてみたい人や、居酒屋で焼酎に関する知識を活かしたいという人で焼酎セレクトマイスターの資格を取得する人もいます。
お酒が好きな人は、大得意なジャンルの資格だと思うので是非資格を取得することをオススメします!

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

2位 焼酎セレクトアドバイザー

焼酎セレクトアドバイザーは日本インストラクター協会が主催する認定試験に合格することで与えられる資格です。
焼酎の特徴や製造法といった基本的な知識に加えて選定方法から飲み方、グラスの選び方、おつまみの作り方など焼酎の周辺知識についても詳しく知る事で合格の可能性が高くなる認定資格です。

この資格を取得することで今までよりも焼酎をもっと楽しむことが出来るようになった色んな味わい方を知ることが出来たという人が多くお酒好きにとっては、取得することでメリットが沢山ある資格だと思います。
資格取得後には趣味に活かすのも良し。
お酒関係の仕事に知識を活かすことも出来ます。
お酒を提供する場で働いている人だけでなく単純にお酒や焼酎が好きという人も資格取得をお勧めします!
取ってよかったと思える資格ですよ!

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

3位 焼酎唎酒師

焼酎唎酒師は日本酒サービス研究会(SSI)が主催するカリキュラムの通信または通学コースを修了し受験することで認定される資格です。
長期間でゆっくり焼酎に関する知識を身に着け焼酎の好みを選ぶことが出来るような技術を身につけます。
資格取得後には酒類、飲食小売店などで資格を活かす人が多く資格を取ってよかったと思っているようです。

【費用】77400円

4位 焼酎検定

焼酎検定は日本酒サービス研究会(SSI)が開催している日本酒に関する知識を証明する検定です。
3級から1級まで細かく投球が分かれており投球が上がれば上がるほど、専門的なディープな知識を身に着ける必要があります。

検定を保持しているとお酒関係の仕事関係者から一目置かれる可能性があり就職にも有利になる資格かもしれませんね。

【費用】3650円~

5位 焼酎きき酒師

焼酎きき酒師は学校法人 産業能率大学が認定している資格です。
大学で焼酎に関する知識を身に付けるため講義を受講したのち日本酒サービス研究会(SSI)が開催している認定試験を受けることで得ることが出来る資格です。

費用が高額になってしまいますが
焼酎が心から好きだという人にはたまらない資格かもしれません。
受講に興味がある人が利用することが多いですが詳細はホームページを見て判断してみましょう。

【受験費用】18000円
【受講料】33940円
【入会金】19000円

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 健康つぼ押しインストラクター口コミ評判

  2. 資格

    鉄道車両製造・整備技能士

  3. 資格

    睡眠・快眠・安眠資格人気ランキング

  4. 資格

    ずい道等の掘削等作業主任者

  5. 資格

    半導体製品製造技能士

  6. 資格

    機械加工技能士

  7. マクロビオティックマイスター口コミ評判

  8. 資格

    野菜パティシエ口コミ評判

  9. スムージー資格人気ランキング

資格ランキング