あなたはお酒が好きですか?
祝いの席や普段の食事のお供に何気なく飲んでいるお酒。
日本酒、ワイン、ビールなどお酒には様々な種類がありますがそれらの中でも焼酎に関する認定資格があることを知っていますか?

あなたが知らない焼酎の知識を専門的に身に着ける事で職業的にそれらの知識を活かしている人がいます。
バーデンダーとして活動するためにその資格を通して知識を身に着けている人もいます。
お酒は気軽に楽しむことが出来るものなので、お酒が好き、焼酎が好きという人は「焼酎セレクトアドバイザー」の認定資格を取得するために活動を始めてみませんか?

焼酎セレクトアドバイザーとは

焼酎セレクトアドバイザーとは日本インストラクター協会が主催している認定試験に合格することによって焼酎に関する専門的な知識を有していることが証明される認定資格です。

焼酎の製造法から特徴、味わいの楽しみ方から飲み方まで徹底的に知識を学ぶことが出来ます。
焼酎セレクトアドバイザーの資格を取るための勉強量は通信教育の中のカリキュラムにしたがっているので時間がかかる人もいれば、すぐに取得する人もいます。

人によって勉強量に差が出てしまいますが、裏を返せば自分のペースで勉強が出来るという事です。

お酒を楽しみたいという人も、お酒についてもっと詳しい知識を身に着けて職業的選択肢を増やしたいという人、どちらにも向いている認定資格なのです。

焼酎セレクトアドバイザーは試験の難易度も高くはないので、時間がある主婦の方でも取得してみると良いかもしれませんね!

焼酎セレクトアドバイザー認定試験の概要

こちらの項目では日本インストラクター協会が主催している認定試験の概要について詳しく紹介したいと思います。
焼酎セレクトアドバイザーの資格に興味のある人は、どんな試験なのかを知る必要があるので必ず目を通しておいてください。

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

焼酎セレクトアドバイザーの認定試験には必要な資格等はございません。
どんな方でもやる気と受験料1万円さえあれば受験することが出来ます。

受験の申し込み方法はインターネットから。
受験自体も在宅で済ますことが出来るので普段から家にいる主婦の方でも、仕事で忙しい社会人の方でも受験することが出来ます。
合格に必要な点数は試験全体の中の7割以上の評価です。
7割以上の評価は試験勉強をしっかり行っていれば問題なく到達することが出来る基準点でもあるので焦らずに自分のペースで受験を頑張ってください。

焼酎セレクトアドバイザーに向いている人

こちらの項目では焼酎セレクトアドバイザーに向いている人を紹介したいと思います。
焼酎セレクトアドバイザーに向いている人は「お酒が好きな人と職業的選択肢を増やしたい人」です。

焼酎セレクトアドバイザーの通信教育のカリキュラムの中では焼酎の基本的な知識を身に着けるだけでなく、飲み方から製造までをまなぶことが出来るので知識がない時よりも焼酎を楽しむことが出来るようになります。
資格取得後にはバーデンダーなどのお酒を取り扱った職業を選ぶことも出来るのでこれらの人が向いていると言えます。

焼酎セレクトアドバイザー資格取得後の活動

焼酎セレクトアドバイザーの認定資格取得後にはバーデンダーかカルチャースクールでの講師活動という2つの選択肢が期待できます。

バーデンダーは焼酎だけでなく他の知識を覚える必要がありますが、お酒の基本的な知識を有ていることから採用が優遇される可能性があります。
カルチャースクールで焼酎に関する知識を教えることが出来るので、焼酎の知識を沢山の人と共有したいという人に向いています。
もちろんお給料麺と相談しながら選択肢を選んでみましょう。
焼酎  焼酎

おすすめの記事