注目の記事 PICK UP!

キャンドル資格人気ランキング

資格

そよ風や小川のせせらぎ、ほたるの光などは、一定のリズムではなく、強くなったり弱くなったりを繰り返しています。この微妙に変化するリズムを「1/f(f分の1)ゆらぎ」といい、キャンドルの炎もこれに含まれます。このゆらぎがリラクゼーション効果を高めることが実証されていることもあり、キャンドルライフが静かなブームを呼んでいます。ここではキャンドル資格の中でも人気の5種を紹介しましょう。

1位 キャンドルデザインマスター

キャンドルの材料と道具、円柱や立方体、球形のキャンドルの作り方、灯し方など基本的な知識を身につけ、水に浮かべるフローティングキャンドルや癒し効果のあるアロマキャンドル、人形や動物をあしらったモチーフキャンドルなどを制作できる人が対象です。作り方そのものは比較的簡単ですが、キャンドルデザインマイスターは、企画力やデザイン力なども一定水準に達していることが求められます。資格取得後は、カルチャースクールで講師として活動したり、独立してオリジナルキャンドルの制作販売を行ったりすることもできます。

主催:日本デザインプランナー協会。受験料:10,000円。在宅受験。

2位 キャンドルアドバイザー

円柱のベーシックキャンドルからモチーフキャンドル、アロマキャンドル、カラフルなグラスを用いたグラスキャンドル、花をあしらったフラワーキャンドルなど、バリエーション豊かなキャンドルの知識と制作技術を修得し、人に指導・アドバイスができるだけのスキルを身につけた人が対象です。資格取得後は、自宅で開講したり、カルチャースクールでの講師活動を行うことができます。

主催:日本インストラクター協会。受験料:10,000円。在宅受験。

3位 キャンドルマイスターディプロマ

キャンドルの基礎から自宅で学べる通信講座で、「スタンダードコース」と「アーディフィシャルコース」があります。前者では3作品を、後者では7作品を制作することになっています。必要な材料に作り方を解説したテキストとDVDがついているので、初心者でも楽しみながらスキルアップすることができます。作品の添削指導を受ける際は、郵送では破損の恐れがあるため写真を送付します。講座を修了するとディプロマ(資格免状)が発行され、キャンドルマイスターとして講師活動などをすることが可能です。

主催:日本ヴォーグ社。受講料:スタンダードコースは28,381円。アーディフィシャルコースは37,905円。

4位 JCA認定キャンドルアーティスト

この認定制度は、キャンドルアーティストという職業の社会的地位向上と、活動の場を拡大することを目指して設けられたものです。そのため、キャンドルに関する知識や技術にととまらず、利用者の志向やニーズに合ったキャンドルの企画提案・制作をすることができ、また、アーティストとして空間装飾をできる能力を有する人が対象です。初めに下記協会のクラフトコースを受講し、修了後にアーティストコースに進みます。そこでプロとして必要なスキルを修得したあと、検定試験に合格すれば公式にキャンドルアーティストとして認定されることになります。

主催:JCA社団法人日本キャンドル協会。受講料(クラフトコース初級)32,500円。

5位 JCA認定キャンドルアドバイザー

キャンドルの制作を教えるインストラクターを目指す人や、独立開業を考えている人に適した資格です。下記協会のクラフトコースとアーティストコースを受講したのち、インストラクターコースを受講し、そこでキャンドルスクールを運営するうえで必要なノウハウやレシピ制作スキルを修得する必要があります。資格取得後は、キャンドルスクールを開校することもできますし、JCA直営校で講師として活動することもできます。

主催:JCA社団法人日本キャンドル協会。受講料:33,000円。

 

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    羊毛フェルトアドバイザー口コミ評判

  2. 資格

    パン製造技能士

  3. 資格

    第一種酸素欠乏危険作業の業務に係る特別教育

  4. 資格

    TOEFL

  5. 資格

    日本漢字能力検定

  6. 資格

    ハンドメイド・クラフト手芸資格人気ランキング

  7. 資格

    半導体製品製造技能士

  8. 資格

    塗料調色技能士

  9. 資格

    産業車両整備技能士

資格ランキング