インド料理の特徴としては、基本的に共通して大量のスパイスを好んで用いていることです。
インド料理といってもインド半島はひじょうに広く、地域や民族、宗派などによって用いる食材や調理法も異なり、多くのバリエーションも存在するということです。

1位【インド料理ソムリエ】

インド料理のスペシャリストとして活躍するのであれば、「インド料理ソムリエ」の資格がおすすめです。

資格取得後にはインストラクターとして能力を発揮できるし、自身のための資格としてはとても有効です。

また、インド料理を極めたい方にもおすすめする資格取得で、インド料理の魅力としても味わい深く学べるので、インド料理だけでなく多くの料理の資格のスキルを上げることができます。

資格取得後には、しっかりとしたインド料理の基礎的な知識が身について、インド料理のソムリエとしてたくさんのメニューやレシピの考案などが可能となります。

資格の内容としては、インド料理の作り方、インド料理に使われる材料の種類、インド料理の代表的なスパイスの種類などに関する知識を有していることです。

例えば、

・インド料理に使われる米
・小麦粉製品
・豆
・肉
・魚介
・野菜
・果物
・乳製品のパニール
・発酵乳のダヒ
・油
・チャツネの付け合わせ
・菓子
・飲み物のレシピ
・アジョワン
・フェンネル
・アニス
・カルダモン

以上、インド料理に使われる食材やスパイスなどの種類や使い方についても知識を有することが求められます。

資格取得後はインド料理ソムリエとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

2位【インド食文化インストラクター 】

「インド食文化インストラクター」の資格は、インドの文化を理解し、異国のレシピやメニューを作成するための資格です。

資格取得後は、誰でも継続していける手軽なインド料理の作り方を指導するために有効です。

インド料理の基礎的な知識を身に付けることで、インド料理の専門家として活躍したり、料理責任者としての活躍が期待されます。

料理の中でもインド料理といえば、食文化の中でも影響力が強く、スパイスやナン作りを覚えることで、本場のインド料理がいつでも調理できるようになってきます。

受験資格はとくにありません。インドの食文化のエキスパートとして誰でも簡単に資格が取得できます。

インド食文化のインストラクターとして、インド料理が好きな方やカレーに作り方を指導するためのアドバイザーとしての資格を学ぶことで、インドの食文化に触れつつ、さまざまな知識を学ぶことができる資格です。

内容的には、インド食文化を全般的に学ぶことや、食文化や歴史、必要な材料や素材などについて学んでいきます。

3位【インド食文化インストラクター 】

インド食文化インストラクターとして、インド料理の成り立ちやインドの食文化、地域によるインド料理の違い、そして世界や日本におけるインド料理に関する知識を有していることが証明されます。

ほかにも

・歴史的背景
・ヒンズー教とイスラム教の食事
・シーク教など少数派の食事
・ポルトガルとインド料理の関係性
・インドの食事作法
・菜食と非食
・アーユルヴェーダと食事の関係性
・インドの定食
・インドの弁当
・北インド料理
・南インド料理
・ゴア料理
・ベンガル料理の違い
・イギリス、アジアで発展しているインド料理に関する知識

以上のことなどに関して知識を有していることが証明されます。

「インド食文化インストラクター」の資格取得後は、インド食文化イントラクターとして活躍し、自宅やカルチャースクールなどで講師活動として活躍できます。

「インド文化インストラクター」は日本インストラクター協会が主催するもので、インターネットから申し込みができるもので、在宅受験ができて受験料は10,000(消費税込み)となっています。

4位【カレーマイスター】

「カレーマイスター」は日本野菜ソムリエ協会が主催している養成講座です。

今やカレーは、日本の食卓にはなくてはならないものではないかと思われるくらい浸透しているものです。

「カレーマイスター」では、カレーという食文化を通し、より食生活を豊かにするための魅力的なカレーについて、広く伝える人を育成します。

「カレーマイスター」の定義としても

・カレーをこよなく愛する人
・カレーに関するさまざまな知識の習得に努める人
・カレー文化の発展に尽力を惜しまない人
・一般生活者の方にカレーを通じ食の楽しみを語る
・カレーを社会へと働きかけることのできる人

「カレーマイスター」のもたらす生活者への価値として

・カレーの知識やおもてなしのノウハウを学ぶことで、食生活をより豊かに楽しむ

・カレーのスパイスの特徴、身体への効果を知ることで、カレーをおいしく健康的に楽しむ

・カレーに関する価値ある情報にアクセスする

以上の価値を見出すことを旨としています。

また、「産業界にもたらす価値」として

・お客様とのコミニュケーションスキルの向上、お客様に喜ばれる演出法を見つめなおすこと

・カレーを体系的に学ぶことで、付加価値のある商品開発を実現すること

・生活者視点で商品提案が可能

といったメリットを見出すことです。

「カレーマイスター」の受講をおすすめな方として

・カレーを極めたい方
・カレーを愛して止まない方
・カレーに関する知識を深めたい方
・カレーの魅力を世の中に伝えたい方
・自身のカレーやスパイス料理の幅を広げたい方
・カレー店にお勤めの方
・お客さまとのコミニュケーションに役立てたい方

以上の方におすすめの「カレーマイスター」の資格です。

まとめ

日本には現在本場のインド料理店が全国に分布していることもあって、インド料理に携わりたいのであれば、インド料理店に勤務することもおすすめです。インド料理に関する資格を取りたいのであれば、受験の申し込みもインターネットから申し込みことも可です。
インド料理資格  インド料理資格

おすすめの記事