若い方には「ぬか漬け」と聞くと抵抗感が多いかもしれません。ただ、ぬか漬けは乳酸菌や栄養が含まれて肌にもよいということが知られています。一般的に「ぬか漬け」といわれているものは、漬ける時間で呼び方が変わることがあります。
ぬか漬けでは「浅漬け」「古漬け」が昔から人気で日本的な伝統のある食べ物です。家庭では好みの材料を使って手軽に作れる自分流の「ぬか漬け」を作る人も増えてきています。

1位【ぬか漬けソムリエ】

「ぬか漬けソムリエ」と聞くと、とてもオシャレなイメージがありますが、資格取得では日本安全食料料理協会の主催する「ぬか漬けソムリエ認定試験」という資格試験があります。

日本安全食料料理協会の主催する「ぬか漬けソムリエ認定試験」で認定される資格では、主にぬか漬けに関する基礎知識を身に着けた方に認定されます。

例えば、

・ぬか漬けの歴史
・ぬけか漬けに適した容器
・ぬか漬けに使う材料
・ぬか漬けの作り方
・ぬか漬けの塩分量
・ぬか漬けの長期の保存方法
・ぬか漬けのお手入れ法
・ぬか漬けの栄養効果
・ぬか漬けの以外の糠の活用法
・ぬか床の水分が多い場合の対処法
・ぬか漬けが変色した場合の原因、対処法
・ぬか漬けのカビの原因と対処法
・ぬか漬けに含まれる乳酸菌の種類
・ぬか漬けの植物性乳酸菌の効果

など、十分に理解していることが認定されるものです。

ぬか漬けについての資格取得後には、ぬか漬けソムリエとして活動できます。

受験資格はとくにありません。受験料10,000円でインターネットで、在宅受験し70%以上が合格基準となっています。

2位【健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター】

「健康栄養ぬか漬けインストラクター」の資格を取得では、ぬか漬けに使う野菜の知識やぬか漬けのつくり方、保存方法でも時間など実践的な知識などを必要とされます。

「ぬか漬けソムリエ」はぬか漬けの基本知識が一番重要でしたが、「健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター」は美容・ダイエット効果やフルーツやチーズのぬか漬けなどの応用編に関した知識が問われるものです。

素材そのものの栄養や異なる漬け時間などを学ぶことで、既存のぬか漬けを現代風にアレンジしたり、自分好みのぬか漬けを自由に作れます。

また、「健康栄養」と題していることもあって、ぬか漬けと人体との健康に関連した知識も習得することができます。

知識取得では具体的な細かいぬか漬けの知識が必要とされ、より専門的な内容を学ぶことができます。

ぬか漬けは実際に漬けるときの技術と環境が大切で、その部分における知識があるのはアドバンテージが高いといえます。

健康でも美容やダイエットなどに関連した、ぬか漬け活用法などを学ぶことで、ノウハウのレクチャーできるようになります。

健康栄養ぬか漬け資格取得後には、カルチャースクールなどでぬか漬けを広めるための講座などの講師を務めることができます。

健康栄養ぬか漬け資格は日本インストラクター協会が主催している認定試験です。

試験実施予定は2か月に1回で、受験はインターネットから申請して在宅で受験できます。受験料は10,000円(消費税込み)で合格基準は70%以上の評価となります。

3位【ぬか漬けマイスター認定試験】

ぬか漬けマイスター認定試験は、資格というよりもネット上で試験問題が解ける簡単な「腕ためし」のための試験です。

ぬか漬けマイスター認定試験は「日本ぬか漬け協会」が認定する簡単な試験です。

全問正解が認定の条件で、試験問題はぬか漬けに関しての15問です。

ぬか漬けマイスター認定試験は何回でもチャレンジできます。ネットで同時に調べながら問題を回答できます。合格することで認定証が送られてきます。

【まとめ】

ぬか漬けに使う道具や材料がわからない方でも、正しい知識を学ぶことで美容や健康にとてもよいぬか漬けがつくれます。ぬか漬けは乳酸菌や栄養豊富な発酵食品として親しまれ、基礎から学べて資格も取得できます。ぬか漬けに興味があれば、講座の公式ホームページから詳しい内容を確認してみることができます。
ぬか漬け資格  ぬか漬け資格

おすすめの記事