趣味のスキルアップ

初めての人は難しいと感じるかもしれませんが、刺繍は基本を覚えたら、後は自分の好きなように作品を作れます。刺繍はどんな手芸作品にも合い、ハンカチや飾り物のほか、アクセサリーや服にも使える非常に作品の幅が広がりやすい素敵な趣味です。今回は、既に趣味として刺繍を始めている方から、初めて刺繍に取り組む方でも気軽に挑戦できる刺繍資格を4つご紹介いたします。

1位:刺繍アドバイザー

日本生活環境支援協会が主催する刺繍アドバイザーは、刺繍に関する幅広い知識が身に着く資格です。刺繍の種類や実際に刺繍が出来るかどうかも資格の内容に含まれますが、日本だけでなく世界でよく使われている手法など、自分だけではなかなか学べない知識も身に着きます。刺繍針や糸など素材から、ミシン系の道具についての正しい使い方も問われるので、受験を考えている方は今まで何気なく使っていた道具についてももう一度基本から学んでみると良いでしょう。

刺繍アドバイザーは通信講座もあるため、独学では不安だという方も安心して受験に向けて準備できます。通信講座は自分の好きな時間に勉強できて焦る必要も無いので、自分のペースを守りながらゆったりと勉強できるのもメリットですね。さらに刺繍アドバイザーは2ヶ月に一回試験が開催されているため、じっくり勉強してから挑みたい方もとにかく早く腕試ししたい方にも向いています。

受験料:税込み10,000円
受験場所:自宅
申し込み方法:日本生活環境支援協会のホームぺージ
試験日:2ヶ月に1回開催
合格基準:70%以上の正答で合格

2位:刺繍クラフトインストラクター

日本インストラクター技術協会が主催するこの資格は、人に指導できる知識が身に着きます。そのため、刺繍を人に教えたり独立や開業を考えている方に特におすすめの資格です。人に正しく教えるためには、趣味で行うレベルの刺繍よりもランクの高い知識が必要ですよね。刺繍クラフトインストラクターを取得するためには、刺繍に使う道具や作り方だけでなく自分で作品を作れるように、図面や色についての知識も大切です。もちろんフランス刺繍やクロスステッチなど、多くの人が取り組む人気の手法についても詳しく指導できるような知識も必要です。

刺繍クラフトインストラクターには、1位の刺繍アドバイザーと刺繍クラフトインストラクターを併せた通信講座もあり、確実に刺繍資格を取得したい方はそちらもおすすめです。この2つの資格が受験免除で確実に取得できるスペシャルコースもありますので、取得にお急ぎの方は要チェックです。

受験料:税込み10,000円
受験場所:自宅
申し込み方法:日本インストラクター技術協会のホームぺージ
試験日:2ヶ月に1回開催
合格基準:70%以上の正答で合格

3位:戸塚刺しゅうの師範資格

戸塚刺しゅう協会主催のこの資格は、戸塚刺しゅう協会の会員のみが受験できます。入会金は3,000円で年会費は4,000円なので、刺繍好きの方は是非ホームページをチェックしてみてください。刺しゅう協会の資格には初級・中級・上級があり、いずれも用意された図案を一つ選び師範の指導を受けながら作品を作り提出する形になります。実際に教室に行きレッスンを受ける必要がありますので、手軽さで考えると少々受験が難しい方もいらっしゃるかもしれません。

受験料:10,000~30,000円
受験場所:東京・兵庫会場
申し込み方法:戸塚刺しゅう協会のホームぺージ
試験日:随時
受験資格:戸塚刺しゅう協会の会員

4位:日本手芸普及協会 刺繍師範

日本手芸普及協会が主催する刺繍師範資格は、刺繍を人に指導できるプロ知識を身につけたい方におすすめの資格です。日本手芸普及協会の刺繍資格の中でも最高位の資格であり、まさに指導員を指導できるほど本格的な知識が必要になります。こちらも協会の会員である必要があり、取得までは非常に時間もかかりますので、手軽に取得はできません。区限刺しゅう・白糸刺しゅう・ステッチ100刺しゅうの3種類をマスターしたもののみが刺繍師範の資格を取得できます。刺繍師範はプロ資格ですが、取得するためには基礎から決まったカリキュラムを履修する必要がありますので、初心者の方でも本当に刺繍を学びたいのであればステップアップを目指しながら取得が可能です。

費用:レッスンにより異なる
申し込み方法:戸塚刺しゅう協会のホームぺージ
試験日:随時
受験資格:日本手芸普及協会の会員

資格で趣味をさらに豊かに

昔から特に女性に大人気の趣味、刺繍ですが、その資格は数えるほどしかないのです。今回は初心者でも気軽に挑戦できる資格から、刺繍のプロになるための資格までご紹介いたしました。申し込みから勉強、試験まで全て在宅で済ませることが可能であるのは1位と2位の資格だけですので、まとまった時間がとりにくい方は特におすすめです。初めて刺繍に挑戦する方でも、資格取得を目指してどんどんステップアップしていきましょう。

おすすめの記事