これまでは、スポーツフードアドバイザーなど資格が必要なものは、一流のアスリートなどが対象となっていました。近年は成長期における栄養バランスを考えたり、疲労回復やケガの治療なども栄養からカバーする仕事になってきました。初心者でもスポーツと食事の関係に興味のある人であれば誰でも取得することが可能です。

1位【スポーツフードマイスター】

スポーツフードマイスターは、今人気のスポーツに最適的な栄養の取り方がわかる、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している講座です。

スポーツフードマイスターは、スポーツ栄養の基本から毎日の献立・レシピなど実践できるレベルまで身につけた人に認定される資格です。

スポーツフードマイスターで証明される資格では

・栄養素の働きや筋肉
・脳を動かすエネルギー源
・身体の機能を正常に保つビタミン
・スポーツ選手に不可欠な水
・ジュニア・高校生・大学生・スポーツ選手のための栄養と食事
・バランスのとれた献立
・主食・副菜・汁物・スープ・乳製品・ドリンクのレシピ

上記に関する知識を有していることです。

ほかにも運動量や競技特性・性別・年齢などに応じた食事や競技の目的に合わせて体を強くする食事や試合に向けてのコンデションを整える食事を管理したり、指導したりすることができる証明がされます。

「通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング」から資料を申し込むと3日~1週間ほどで届きます。

2位【アスリート栄養食インストラクター】

アスリート栄養食インストラクターは、日本インストラクター協会(JIA)が主催している講座です。

アスリート栄養食インストラクターで資格として証明されるものは

・スポーツ選手に必要な栄養素
・競技特性に合わせた食事の考え方
・持久力アップのための栄養と食事
・球技系スポーツのための栄養と食事
・疲労回復のための食事と栄養
・風邪予防のための栄養と食事
・夏バテ予防のための栄養と食事
・トレーニング期の食事
・メンテナンス期の食事
・試合前日の食事と準備
・試合後の食事

上記のスケジュール別の食事法や、減量・増量のコツや弁当を用意する際のポイント、サプリメントの使用法などを十分に身に着けた方に資格が認定されるものです。

「通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング」は3年間口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育で、「スポーツフードマイスター」と「アスリート栄養食インストラクター」の2資格が同時に取得可能です。

3位【アスリートフードマイスター】

アスリートフードマイスターとは、野菜ソムリエで知られる日本野菜ソムリエ協会が業務提携をしている資格です。

3~1級まであり、3級合格すると2級、1級と進めます。

アスリートフードマイスターはアスリートを食事の面でサポートする専門家を育てます。最近は、里田まいさんなど、芸能人をはじめとするアスリート妻と呼ばれる人たちが取得しています。

例えば、アスリートフードマイスターの3級講座では、食べ物の栄養素やアスリートに必要な食事のとり方、時期別食事計画の立て方、献立の立て方などアスリートフードの基礎について幅広く学ぶことができます。

アスリートフードマイスターの資格取得では、完全独学ではできませんが、3級は通学制と通信制のふたつから選ぶことができます。

通学生は計6時間の授業を1日受け、通信制だと自宅でテキストやDVDで学びます。

3級の試験では90分のマークシート形式で、7割以上の正解で合格となります。公式HPでは合格率が約85%となり、かなり合格率は高いといえます。

ただ、2級からの合格率は35%と難易度も高くなります。

講座受講料は3級が68,000円、2級が110,000円、1級が180,000とアスリートフード関連の資格では高めの設定価格です。

アスリートフードマイスターになると、セミナー講師やアスリートフード専門の料理教室を開いたりと役立てることが可能ですが、3級は「自分が家族の食事に役立てることができる」と、あくまで基礎となります。

4位【スポーツフードスペシャリスト】

スポーツフードスペシャリストとは、部活における子どもさんやアスリートの身体に合わせた食生活と栄養に関する正しい知識を身につけた資格を持つ人のことです。

資格は、食生活や栄養の豊富な知識だったり、実践法だったり、生体理論の正しい知識を身に着けた人のことです。

また、スポーツでも種目や競技、レベル、性別、世代別などの食事のとり方や、目的やコンデションに合わせたスポーツフードレシピなどを専門家として実践できるための知識を習得できます。

スポーツフードスペシャリストの資格を得ようと思っている人では、自分や子どものためだったり、あるいは現役の栄養士、アスリートの調理師、スポーツジムのトレーナーなど活躍している方も多いです。

スポーツフードスペシャリストの資格を取得することで、スポーツフードの専門家として指導したり、助言したりもできるし、サプリメントの正しい摂取法や、脂質がアスリートに及ぼす影響などの知識などの習得できます.

formiなどのWeb教材であれば、思いテキストを持ち歩く必要もありません。わざわざ遠い試験会場まで出向く必要もなく、いつでも受験することが可能です。

スポーツフードスペシャリストの資格取得には、認定証・検定費用込みで37,000円ほどかかります。

5位【スポーツフードアドバイザー】

プロ野球選手やプロサッカー選手には、専門の管理栄養士がついています。

スポーツフードアドバイザーは、このような選手やノンプロの選手などのコンデションを把握することで、最適な食事を提供するのが務めです。

例えば、サッカー選手の場合、蹴る・飛ぶ・走るなどの瞬発力を必要とする場面が多く、金肉を強化するためにたんぱく質を多く摂取する必要があります。そのため、それに合わせたメニューを作り競技や選手に合わせた強化メニューが必要です。

試合のためには試合にピークをもっていけるようなメニュー作りをします。試合の日には緊張して消化に時間のかかるものや、腸内にガスの溜まりやすい食物繊維などは控える調整が必要です。

ケガに対する備えも万全な食事が好ましいです。ケガのリスクを抑えるには、バランスの取れた食事で疲労回復に努めることが大切です。

栄養的にも十分な炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取をしているともし、ケガをしても軽症で済ませることができるからです。

スポーツフードアドバイザーは、試験は実務試験などの受験資格はなく、誰でも安心して受験できます。所定のカリキュラムを修了した人なら何回でも受験でき、早い人なら1ヵ月で取得も可能です。

キャリカレなら、ネットからの申し込みで46,000円で受講できます。資格認定をしている一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の定める認定基準を満たしています。

質の高いカリキュラムと講義を自宅で学べ、在宅で受験料5,600円(税込み)で受験することができます。

【まとめ】

ひとことでスポーツフード資格といっても同じような名前のものが数多く存在します。そして、資格の種類には通学講座と通信講座があります。

スポーツフードについて簡単に学ぶには手軽なweb講座がおすすめです。内容をスマホで学習できるのも人気の秘密です。
スポーツフード資格  スポーツフード資格

おすすめの記事