人気のスイーツでもカップケーキは、気軽に作れて気軽に食べることのできるデザートの定番です。カップケーキ作りにも資格があって、カップケーキ作りにはぜひおすすめの資格です。ライフスタイルや目的によっても取得すべき資格はさまざまです。

1位【カップケーキソムリエ 】

カップケーキソムリエは、カップケーキの種類やマフィンの種類などそれぞれの特徴を知りつくしている人を認定するための資格です。

カップケーキやマフィンなどについて深い知識と教養をもっている人を認定するための資格です。

もちろん、カップケーキソムリエはカップケーキの作り方についても知っておくことが重要です。

例えば、ホットケーキミックスを使って作る方法、小麦粉や米粉を使って作る方法などあり、その知識を有していることが重要な合格基準となります。次にはレシピなどに関してもより深く知ることでカップケーキの楽しみ方も広がるでしょう。

カップケーキは多くの人から愛されているケーキとして知られていますが、その知識としては美味しく作るためにも欠かせない部分も多いです。そのため、カップケーキに使うフルーツ、ナッツ、そのほかの食材について知ることも大切になってきます。

「カップケーキソムリエ」の資格を取得するには、日本力料料理協会主催の資格で十分に実力を証明してくれます。在宅受験で時間のない人やスクールに通えない人でも気軽に受験できるのがポイントです。

2位【カップケーキ・マフィンパティシエ 】

カップケーキとマフィンはアメリカ式とイギリス式の2つに分けられることが多いです。

イングリッシュマフィンのようなパン状の小麦粉と卵を使って丸形で焼いたものが「マフィン」で主食に使われることが多く、カップケーキ状の焼き菓子でもアメリカ式では、中にフルーツやナッツ、チョコレートを入れて甘く仕上げてあるものが一般的に「カップケーキ」と呼ばれています。

「カップケーキ・マフィンパティシエ」の資格は、趣味で取得する人や本業として開業するために取得する人もいます。

カップケーキやマフィンを作ろうとすれば、知識さえあれば作れるものでもありますが、その資格を有しているだけで仕事にも活かせる教養が証明できます。

カップケーキパティシエやマフィンパティシエを目指すのであれば、取得しておく必要もあるでしょう。

「カップケーキ・マフィンパティシエ 」の資格ではとくに「作り方」を重視している資格でもあります。レシピはもちろん、自分のオリジナルカップケーキ、マフィンを作るためにもスキルが必要になってきます。

ただ、試験では実技としては実施の難しいところであって、実技に関してもよりたくさんの練習が必要になってきます。

資格取得後には、さまざまなスイーツ店やデザート店でパティシエとして働くことも可能です。

資格取得のメリットとしてはパティシェとして信用度も高くなり、採用率も高くなってきます。

こちらの資格は「自分でお店を開きたい」といった人におすすめのカップケーキ・マフィンパティシエの資格でもあります。

3位【日本サロネーゼ協会(JSA) ・カップケーキデコ】

カップケーキは、小さいペーパーカップやアルミのカップなどにケーキ生地を流しいれ焼いたお菓子です。

そのカップケーキに、クリームやアイシングシュガーペーストなどでデコレーションしたものがデコカップケーキです。

カップケーキは、デコレーション知識でも幅広く楽しみが増えてくることで、その知識をもって資格を取得しようとしている人も多いです。

「日本サロネーゼ(JSA)・カップケーキデコ」では、自分のデコレーション技術の証明になるということから多くの人がその資格を取得しています。

おもに、デコレーションではパティシエとしてその資格を取得することも多く、パティシエ資格と合わせて資格を取得することが多いです。

資格取得では「その食材を使うか」「いかに味のバランスを崩さないか」「質を高めていけるか」などが重要なポイントとなってきます。

カップケーキのデコレーションの魅力では「世界に1つだけ」の自分のオリジナルのケーキを作ることができるというものです。

「日本サロネーゼ(JSA)・カップケーキデコ」の資格取得は、カップケーキが好きであれば、しっかりと知識を身に付けることで取得できる資格です。

資格取得後はカップケーキ専門店を開業したり、自宅教室やカルチャースクールで講師として活動できます。海外レベルよりも高度な技術を学べる上位クラス「マスター講座」なども開講予定です。

【まとめ】

さまざまなテクニックで完成されたカップケーキはもはや「アート」で、ついスマートフォンに収めたくなる女性も多いことでしょう。デコレーションされたカップケーキ作りの資格は、今とても人気で話題の資格でもあります。
カップケーキ資格  カップケーキ資格

おすすめの記事