エスニック料理とは、それぞれ地域の文化や宗教などに深く根差した民族料理のことをいいます。料理では東南アジアやアフリカ、中南米など地域ごと、さらに民族ごとに多種多様な料理があって、それについて知識を証明する資格もあります。
本格的なエスニック料理で働くことや開業を考えている方にはぜひおすすめです。

1位【エスニック料理ソムリエ】

エスニック料理ソムリエの資格でも、人気はJSFCA「日本安全食料料理協会」が認定する「エスニック料理ソムリエ」は、とても人気の資格です。

エスニック料理ソムリエの資格では、料理だけではなくエスニック料理の各地域の気候、風土、文化、宗教、食材などに関する知識を証明します。

資格の内容ではアジア・アフリカ・中南米・北欧の各地域の定番料理や郷土料理の種類や特徴などについて学んだり、各国のお菓子の種類と特徴、調味料の使い方、アジアのお茶文化、ベトナムやタイなどアジアの食文化、モロッコやセネガルといったアフリカの食文化、メキシコやペルーといった中南米の食文化、デンマークやフィンランドという北欧の食文化などの知識を有していることが証明されます。

エスニック料理は国ごとや細やかな地域ごとに調味料の使い方など文化的な意味などが大きく異なってきます。試験ではそれぞれの違いや特徴をしっかりと把握し、それをソムリエとして他人に正確に伝える能力が問われてきます。

この資格を取得するには、受験資格はありません。また、受験では在宅受験が可能で、受験もインターネットから10,000円で申し込みができます。

受験は在宅受験で日中忙しい方や社会人、学生の方でも空き時間を使って受験できるメリットがあります。

また、自分で勉強して受験することも可能ですが、有料のエスニック料理ソムリエ対応の講座で勉強することも可能です。

予算と時間に余裕のある方はこのような講座に出席して勉強されることがおすすめです。

合格ラインとしては70%となり、受験ではしっかりと準備をして受験することがおすすめです。エスニック料理ソムリエの試験は年に6回偶数月にありますので、自身の学習度と相談しながら受験しるとよいでしょう。

資格取得後は、エスニック料理のレストランを開業したり、趣味でエスニック料理を楽しむことができます。

2位【アジア料理インストラクター 】

「アジア料理インストラクター」は、日本インストラクター協会(JIA)が認定しているエスニック料理に関するアジア料理インストラクターの認定資格です。

資格では世界の各地域ごとのエスニック料理のレシピや食材、調理方法に関して深い知識を有していることが証明されます。

エスニック料理については、ベトナム料理、インド料理、台湾料理など非常に種類が多いですが、それを地域ごとにしっかりと区別したり、レシピを人に伝えることができることが必要になります。

資格取得後は「アジア料理インストラクター」として講師活動を行うことも可能です。

受験資格はとくにありません。誰でもチャレンジでき、受験料も比較的リーズナブルとなっています。

受験の申し込みも、受験方法も会場に出かけることもなく、インターネットから簡単に申し込み、受験できるようになっています。

試験の合格ラインは70%で、エスニック料理ソムリエと同様に事前の準備をしっかりとする事が必要になってきます。

受験の回数としても2か月に1回の偶数月に行われています。受験では自分で納得するところまで学習し余裕をもって申し込みすることが必要です。

「アジア料理インストラクター」は、エスニック料理と内容がかぶってしまうことはあります。エスニック料理の資格を複数取得したいやる気のある方にはおすすめの資格です。

【まとめ】

エスニック料理の代表といえば、東南アジアの料理の特徴でも使用される調味料があげられます。日本人にもなじみ深いものが多く、味や素材の多彩さが魅力になっています。ナシゴレンやサテなどいくつかの国で共通して食べられる料理もあります。エスニック料理資格取得後は、趣味で親しんでみたり、仕事として役に立てることができます。
エスニック料理資格  エスニック料理資格

おすすめの記事