注目の記事 PICK UP!

医療事務

資格

通信教育で資格を検索すると上位にあるのが「医療事務」資格です。この資格は公的なものではなく全て民間団体が実施しているものでおそらくですが、80種類以上あるといわれています。

〇医療事務とは?

医療事務とは、病院や診療所、歯医者という医療施設にて会計事務等を行う仕事です。この医療事務に従事するために必要な資格ですが、現在のところありません。資格が無くても従事できます。ですが業務内容を理解する必要があるのと、就職活動にとても便利で役立つということもあり民間資格で医療事務の資格検定が実施されています。

〇医療事務の資格種類

医療事務の資格というのは、約80種類以上あるのではないかといわれています。

  • 診療報酬請求事務能力検定
  • 1・2級メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験)
  • 医療秘書技能検定
  • 医科 医療事務管理士(R)技能認定試験
  • 保健請求事務技能検定
  • 診療情報管理士
  • 歯科医療事務検定試験
  • 医科医療事務検定
  • 医療事務検定試験
  • 医療保険請求事務実技試験
  • 医師事務作業補助者検定試験
  • 介護保険請求事務者認定試験
  • 電子カルテ実技検定試験
  • 医療秘書技能検定試験
  • 医療秘書実務能力検定試験
  • 医療請求事務能力検定試験
  • 診療情報管理士認定試験

等々、検索すると様々な医療事務試験があるのです。

〇医療事務試験の最高峰

医療事務試験を選ぶ際に、医療事務経験者が語るとろこによりますと「診療報酬請求事務能力認定試験」が一番有名で知名度・試験何度も最高峰ということらしいです。この資格は「公益財団法人日本医療保険事務協会」が実施しています。

http://www.shaho.co.jp/iryojimu/

医療事務試験の代表として、この試験での内容を説明します。

  • 試験日:7月と12月の年2回行われます。
  • 試験場所:全国の主要都市17箇所
  • 受験科目:医科と歯科に分かれています。それぞれの試験で学科と実地試験を行います。
  • 合格率:医科が約29%、歯科が39%とかなり厳しい数字です。この合格率は、他の医療事務の資格試験に比べてもかなり難易度が高いことがわかります。

〇医療事務

医療事務を考える場合、上記の「診療報酬請求事務能力認定試験」を医療事務関係者でさえもオススメするそうです。この資格はレセプト業務についての試験であり、医療事務で実際に働く方もこの資格をとるために受験勉強されるそうです。最初の医療事務では、難易度が優しいものを選んで資格を保有した方でさえもこの資格を目指す理由として、レセプト計算が出来る業務だと病院施設にもよりますが給与も多少あがるようです。

また難易度が高いために、最初に通信講座で学べる医療事務資格を取得して段階的に難しい最高峰のこの資格を取得される方もいるようです。医療事務の資格もたくさんありますので、なお医療事務技能審査試験(メディカルクラーク®)は合格率約65%、医療事務管理士(R)技能認定試験は合格率約65%となっており、それぞれ有名なニチイとユーキャンが通信講座を開講しているので有名です。また独学で学べるかというと、それは体験者によるととても厳しいそうです。病院等での医療事務経験をまずは積んでから、最終目標で目指してみてはいかがでしょう。医療事務のプロフェッショナルを目指しましょう。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 数秘術資格人気ランキング

  2. 資格

    建具製作技能士

  3. 資格

    再圧室の操作の業務に係る特別教育

  4. 資格

    伐木等の業務に係る特別教育(胸高直径70cm以上の立ち木の伐木)

  5. 資格

    鋼橋架設等作業主任者

  6. 資格

    ハム・ソーセージ・ベーコン製造技能士

  7. 資格

    ショベルローダー等の運転の業務に係る特別教育(最大荷重1トン未満)

  8. 資格

    表装技能士

  9. 資格

    簡易裁判代理認定司法書士

資格ランキング