注目の記事 PICK UP!

調剤薬局事務

資格

調剤薬局事務とは、薬局で会計をする仕事をしている方です。近年のドラッグチェーン店の増加により求人が増加していることもあり、主婦層のパート等の仕事先としても人気になっています。

〇調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務は、薬局の会計にて調剤報酬をする事務担当者の資格です。医療費の計算をしてくれるのですが、近年は会計もパソコン等のコンピューターに入力する処理が主流となっています。作業内容は医師からのカルテ・処方箋・保険証番号等の情報を入力して記録をすることです。診療報酬計算もパソコンソフトが自動的に計算してくれます。また調剤薬局事務と比較されるのが、医療事務です。こちらは病院や診療所での会計を行う事務の専門家です。

〇調剤薬局事務になるには

調剤薬局事務になるには、調剤薬局事務の知識が必要ということですが、この資格の場合公的な資格がありません。国家資格のようなものがないので、通信講座等で学習することがよいかと思います。実際は資格を持っていなくても実務経験洞爺やる気があれば可能ですが、履歴書に「調剤薬局事務」とあれば採用される可能性は高くなります。

〇調剤薬局事務の資格種類

調剤薬局事務の資格は、以下のような民間資格がいくつかあります。

  • 調剤事務管理士(技能認定振興協会)
  • 調剤報酬請求事務技能認定(日本医療教育財団)
  • 調剤薬局事務士(日本能力開発推進協会)
  • 調剤事務実務士(医療福祉情報実務能力協会)
  • 調剤報酬請求事務専門士(調剤報酬請求事務専門士検定協会)

〇調剤薬局事務資格試験

調剤薬局事務の資格試験は、上記のようにたくさんあります。一度、それぞれのサイトで確認あれればよろしいかと思います。有名な教育機関を以下に紹介します。

  • 生涯学習のユーキャン
  • キャリアカレッジジャパン
  • たのまな
  • ニチイ
  • 日本医療事務協会
  • ソラスト
  • 産業能率大学
  • がくぶん

〇調剤薬局事務資の仕事内容

調剤薬局事務の仕事は主に会計でお客様との薬品の販売となります。患者さんから処方箋を預かり、保険証の確認をして薬品の希望としてジェネリック薬品かを確認したりします。会計パソコンに患者情報を打ち込んでいると、薬剤師や登録販売者が薬を準備してくれるので処方箋をパソコンに打ち込みます。そしてお待ちになっている患者さんの会計という流れです。患者さん窓口に不在の場合は、医薬品の検品や入庫作業、発注業務、売上金業務、経費支払、店舗内の備品管理や清掃業務等で一日が終わります。

仕事の報酬ですが、正社員の方もいればパートの方もいますので一概にあらわせませんがパート事務の場合は職場環境もありますが850円~1,000円程度だということです。正社員で採用されている場合には月額15万円~25万円となっています。

仕事をしている途中で、業務を覚えてきますとキャリアアップと報酬アップを目指して、登録販売者という公的な試験を受けるようになる方が多いようです。薬剤師は大学6年間で薬学を学んだプロですが、登録販売者は普通の方であっても実務経験があれば受験できる国家資格なのです。取り扱う医薬品も一類を除いた約95%を扱えます。店舗側から見ても登録販売者が店に不在だと薬が売れないという事態もあるので、資格取得を推奨してくるようです。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    造園施工管理技士(1級・2級)

  2. 資格

    枠組壁建築技能士

  3. 資格

    建具製作技能士

  4. 資格

    建築士(一級建築士・二級建築士・木造建築士)

  5. 資格

    スペイン語技能検定(西検)

  6. 資格

    建設業経理士(1級・2級)・建設業経理事務士(3級・4級)

  7. 資格

    商品装飾展示技能士

  8. 資格

    紙器・段ボール箱製造技能士

  9. 資格

    ファイナンシャル・プランニング技能士 1級・2級・3級

資格ランキング