注目の記事 PICK UP!

レクリエーション介護士

資格

レクリエーション介護士とは、まだ聞きなれない資格でありますが平成25年度に経済産業省が「人活」支援サービス創出事業というのを実施して、そこから誕生した資格です。老人ホームやデイサービス事業所等の施設で常日頃行われている介護レクリエーションの活動を認定するものです。

〇レクリエーション介護士とは?

レクリエーション介護士は、老人ホームやデイサービス事業所等での施設において、常時利用者に行われている介護レクリエーションを資格認定しようと平成25年度に「一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会」でスタートしたごく最近の新しい資格です。

https://www.japan-ac.jp/

介護レクリエーションの仕事内容としては以下のようなものがあります。

  • 集団レクリエーション(体操・毎月の誕生会・季節のイベント・趣味で園芸や歌、楽器の演奏)
  • 個別レクリエーション(絵画・囲碁・クラフトなどの個別におこなう趣味活動の他、脳トレーニングゲーム・写経・計算問題等の介護予防プログラム)
  • 基礎生活レクリエーション(懐かしの映像観賞・入浴時間の音楽・施設内の絵や花を飾ることによる活動)

〇レクリエーション介護士の受験級レベルと取得方法

レクリエーション介護士には1級と2級という資格があり、以下の通りに実施されます。

https://www.japan-ac.jp/flow.html

  • レクリエーション介護士2級:2級を取得する為には以下の3通りがあります。
  1. 通信教育:通信教育により自宅で受講できます。テキスト等を使って学び、添削課題をクリアしていきます。通信教育最後には自宅にで検定試験を受けて、合格点を取得すれば資格が取得できます。通信期間約3カ月です。筆記試験は選択式が50問出題されて、60点以上で合格です。
  2. 通学講座:認定されている専門学校へ通学します。研修内容は2日間であり、講習終了後に検定試験を行います。その試験に合格すれば資格が取得できます。
  3. 施設向け集団研修:協会認定講師が介護施設等に伺って研修を実施します。研修会終了後に検定試験を受けてもらい、合格すれば資格を取得できます。
  • レクリエーション介護士1級:2016年より実施予定となっています。レクリエーション介護士2級の取得者が受験できます。

〇レクリエーション介護士の活用

レクリエーション介護士を取得された方は、介護関係の業務についている方がほとんどですが自宅にて親族の介護をおこなっている方にも、コミュニケーションを深めていくためにも取得される方がいるようです。ボランティア活動をされている方も、介護レクリエーションの基本的知識を学べると受講しています。もちろん、介護事業所等での日頃から、利用者と接している従業員の皆さんも介護レクリエーションの活動内容に常日頃から何を次回すればいいか悩んでいることが多いようで、知識の定着やテキスト本が受講後に大変参考になるということです。

介護業界への就職を考えている方も、2級の取得条件が特に制限もありませんし、通信教育や2日間講習等で所得できることから、「レクリエーション介護士2級」という肩書は就職活動に大変有利に働くことでしょう。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    揚貨装置の運転の業務に係る特別教育(制限荷重5トン未満)

  2. 資格

    薬膳調整師 認定試験口コミ評判

  3. 資格

    衛生工学衛生管理者

  4. 資格

    公認会計士

  5. 資格

    弁護士

  6. 資格

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

  7. 資格

    特殊化学設備の取扱い、整備及び修理の業務に係る特別教育

  8. 資格

    農業機械整備技能士

  9. 資格

    国連英検

資格ランキング