注目の記事 PICK UP!

食品衛生管理者

資格

食品衛生管理者は、食品を提供する業種に勤務されていり場合、必ず必要になってくる資格です。各都道府県の条例によって定められていまして、飲食店等の営業許可店舗や施設ごとに、食品衛生責任者を選任しなければなりません。選任後に保健所へ届け出ることによって営業を行うことができます。

〇食品衛生管理者とは?

食品衛生管理者は、飲食店営業・菓子製造業・食肉製品製造業・食肉販売業・魚介類販売業等、食品を扱う施設や店舗に営業を行う場合に設置が義務づけらています。それぞれ都道府県条例によって、選任後には保健所へ届出をして業務を行っています。都道府県で定めていますので公的な資格といえます。

〇食品衛生管理者になるには

食品衛生管理者になるには、資格試験を受けるのでなく都道府県の条例によって定めされた研修を受けることになっています。この講習会は全国で統一されていて、どこで受けても講義内容は一緒となっています。

食品衛生管理者講習を受講しなくても、以下の資格を有していれば取得したものとみなされます。

  • 医師、歯科医師、薬剤師、獣医師
  • 大学等において医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者
  • 栄養士、管理栄養士、調理師、船舶料理士、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生指導員、食品衛生監視員

〇食品衛生管理者講習

食品衛生管理者講習は、以下の内容を行います。

  • 衛生法規:伝染病、疾病予防、環境衛生、労働衛生等を2時間
  • 公衆衛生学:食品衛生法、施設基準、管理運営基準、規格基準、公衆衛生法規等を1時間
  • 食品衛生学:食品事故、食品の取扱い、施設の衛生管理、自主管理等を3時間

上記の研修は、1日研修で終了します。最後に終了考査等の研修内容の確認をします。講習会終了後には、修了証が交付されますので開業等の各種手続きに必要となってきます。また食品衛生管理者が実務についている場合には、3年に1回程度で実務講習会を行っている都道府県もあります。

なお、東京都の場合は「一般社団法人 東京都食品衛生協会」(http://www.toshoku.or.jp/)が、大阪府の場合は「公益社団法人 大阪食品衛生協会」(http://www.ofha.or.jp/)が研修会の実施をしています。研修会の実施内容は各都道府県のホームページ等でご確認下さい。

〇食品衛生管理者の仕事

食品衛生管理者の資格を得ましたら、食品を扱う施設で食品衛生の管理を行っていきます。飲食店ではスタッフさんに対する食品衛生に関する教育等も行って、施設全体で安全で安心な食品をお客様に提供できるように、日々業務を行っています。この資格は合格率が100%であるので、資格手当等を支給する企業等はありませんがその場所や店舗での店長やスタッフリーダーとしての役職手当で成果を反映している場合が多いようです。

夏場には特に食中毒等が怖いですから、作業場での温度や湿度チェック、さらに換気や冷蔵庫・冷凍庫への食品保存管理等に気をつけています。またメディアでも報道されるような食品への異物混入等のチェックも日々しなくてはいけないので気を使う仕事でもあり、やりがいのある業務でもあります。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    めっき技能士

  2. 資格

    建築施工管理技士(1級・2級)

  3. 資格

    実用タイ語検定試験

  4. 資格

    ベランダ菜園アドバイザー口コミ評判

  5. 資格

    油圧装置調整技能士

  6. 資格

    米国公認会計士(CPA)

  7. 資格

    トレーニングサポーター認定試験口コミ評判

  8. 資格

    ロジカルシンキングマスター口コミ評判

  9. 資格

    ウェルポイント施工技能士

資格ランキング