注目の記事 PICK UP!

調理師

資格

調理師は、調理・栄養・衛生に関する技能を有している国家資格です。飲食店では調理師が料理の提供をしている場所が多いので、資格の知名度は高いです。

〇調理師とは?

調理師は「調理師法」によって定められた国家資格です。飲食店では料理を提供する方が調理師資格を有していることが多いです。飲食店では、調理師・栄養士・管理栄養士等の有資格者であれば、「食品衛生責任者」となることができるので飲食業を営むことができます。ここで世間的に勘違いしやすいのが、飲食店を開業する場合に必要とされる資格は「食品衛生責任者」を選任すればよく、調理師は配置する必要はありません。それでもお客様視点からすれば、調理師が料理を提供してくれるので食事にいくという気持ちがあるようです。

〇調理師免許取得方法

調理師を取得するには、以下の2通りの方法があります。

  • 調理師学校:調理師学校(養成施設)へ入学して1年以上勉強して卒業すると、調理師免許を取得するできます。
  • 調理師試験:飲食店等で2年間の実務経験を積むことで、調理師試験の受験資格を得ますので合格すると調理師免許を取得できます。

〇調理師試験

調理師学校の卒業者は調理師免許を取得できますが、それ以外の方は実務経験を経て調理師試験に合格しないといけません。

  • 基礎資格:中学校卒業者、および在日外国人の場合には厚生労働大臣が認定した者
  • 実務経験:飲食を提供する業種で2年以上の調理業務経験者。バイトやアルバイトで実務をしていた場合ですが、週に4日以上・1日6時間以上、あるいは週に5日以上・1日5時間以上の実務勤務実績があれば2年という基準をクリアすることができます。
  • 試験科目:食文化概論・衛生法規・栄養学・食品学・公衆衛生学・食品衛生学・調理理論の7科目
  • 試験団体:都道府県によって試験団体が違って来ます。
  1. 都道府県:下記2団体で実施を委託していない都道府県
  2. 公益財団法人 調理技術技能センター:青森県・宮城県・山形県・茨城県・埼玉県・東京都・富山県・香川県・高知県・福岡県はは、当財団に委託しています。(HP:http://www.chouri-ggc.or.jp/09_chourishi.htm
  3. 関西広域連合:滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・徳島県
  • 合格基準:7科目の総得点が満点の6割以上であることが条件です。しかし1科目でもその科目の平均点を下回っていれば不合格となります。つまり苦手科目を絶対に作らないことです。
  • 合格率:都道府県によって違いますが、全国平研で63%です。
  • 調理師登録:調理師試験の合格後に登録しますと「調理師資格証」が交付されます。資格の効力というものは、都道府県の調理師名簿に登録されることで効力が発生します。

〇調理師の仕事内容

調理師は、飲食店の他にはホテルや病院、企業での社員食堂等、就職する場所は色々あります。それぞれの分野で料理を提供する仕事をされています。さて調理師の給料というのは、下積み時代は月々10万円ほどにも満たないと言われます。実績を重なることによって年収も1,000万円プレイヤーになる方もいらっしゃいます。独立開業した方も、苦難の道かと思いますが自分で選んだ道ですので皆さん精一杯仕事をして料理をお客様に提供することを生きがいとして頑張っています。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    金属熱処理技能士

  2. トリマー資格人気ランキング

  3. マクロビ資格人気ランキング

  4. 資格

    ブロック建築技能士

  5. 資格

    筋トレインストラクター認定試験口コミ評判

  6. 資格

    緑茶インストラクター認定試験口コミ評判

  7. 資格

    製本技能士

  8. スムージー資格人気ランキング

  9. 資格

    パワーストーンスペシャリスト口コミ評判

資格ランキング