注目の記事 PICK UP!

応用情報技術者(AP)

資格

応用情報技術者(AP)とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づいて情報処理技術者試験制度の一つです。制度ではスキルレベルを4段階にしてあり、この試験はスキルレベル3に該当しています。

〇応用情報技術者とは?

応用情報技術者は、「独立行政法人 情報処理推進機構」が実施している国家資格です。

http://www.ipa.go.jp/index.html

「情報処理の促進に関する法律」の中で情報処理技術者試験制度というのがあり、スキルレベルを4段階に分けている内の3番目として位置づけています。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

当初は「情報処理技術者一種」として2000年までは、その名称でした。今現在も一種試験と呼ぶかたもいるようです。その後、ソフトウェア開発技術者試験として2008年まで実施され、現在の名称になっています。スキルレベル2の「基本情報技術者試験」旧・二種試験のレベルアップとして、スキルレベル3に位置しています。また「システムアドミニストレーター試験」の一部も敬称している形態となっています。この後も、最上級のスキルレベル4へ進むための位置づけとなっています。スキルレベル4には様々な種類に分かれた専門資格を受験することとなります。

〇応用情報技術者試験

応用情報技術者試験内容は以下の通りです。

  • 受験資格:特に制限はありません。制限はありませんが、ほとんどの方は下位レベルであるスキルレベル1あるいは2の試験から挑戦される方がほとんどです。
  • 試験日:毎年4月と10月に実施しています。
  • 試験会場:全国の主要都市にて開催されます。
  • 試験内容:午前の部、午後の部と分かれています。午前の部はマークシート式で問われ、テクノロジ系が計50問、マネジメント系が計10問、ストラテジ系が計20問の合計80問出題される、150分という長丁場の試験です。午後の部も150分の試験ですが、記述式となっていて11題のうち、1題目の必修科目と4つの科目を選択します。午前の部よりも午後の部が応用問題が多く、かなりのかたが手こずるそうです。
  • 合格基準:午前の部も午後の部も、合格基準点は60%以上となっています。
  • 合格率:20前後を推移しています。
  • スキルレベル4の試験免除:スキルレベル3である、この応用情報技術者試験に合格すると次のステップアップとしてスキルレベル4の各専門試験に挑むこことなります。その際に、合格後2年間は午前Ⅰが免除されるのです。

〇応用情報技術者

応用情報技術者とは、すでに実社会で経験を積んでいる「シニアプログラマー」や「システムエンジニア」等が対象とされている上級者向けの資格となっています。推定年収も基本情報技術者よりも高くなり、450万円~650万円ほどだということです。更に高度な専門ぎじゅつを積んで、次のステップであるスキルレベル4の各試験に挑んでいかれる方が出てくるようです。

IT業界の情報処理技術者の世界は常に新しいシステムや制度が作られていくものですから、どん欲に情報や知識を身につけていかなくてはいけないので大変な世界ともいえます。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    ロシア語検定

  2. 資格

    廃棄物の焼却施設に関する業務(ダイオキシン類)に係る特別教育

  3. ヨガ資格人気ランキング

  4. 資格

    ガラス用フィルム施工技能士

  5. 資格

    カクテルソムリエ口コミ評判

  6. 資格

    イタリア語能力検定試験(PLIDA)

  7. 資格

    ブロック建築技能士

  8. 資格

    実用イタリア語検定(伊検)

  9. 資格

    手紙・文章ライター口コミ評判

資格ランキング