ITパスポート(IP)

ITパスポート試験は2009年に始まった資格です。以前の初級システムアドミニストレータ試験という試験の一部を承継するような恰好となっています。独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センターが試験を行う国家資格です。

〇ITパスポートとは?

ITパスポート試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づいて経済産業省が後援している国家資格です。「独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター」が試験を実施しています。

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

以前は初級システムアドミニストレータ試験というのがありました。しかしながらIT分野の技術進歩に合わせてこの試験が2009年に廃止されたことに伴い、その内容を一部承継している試験となっています。

この新試験制度は「情報処理技術者試験の区分等を定める省令」によってスキルレベルを1~4まで設定されていて、最初のスキルレベル1としてこのITパスポート試験が設定されています。

  • スキルレベル1:ITパスポート試験(IP)
  • スキルレベル2:基本情報技術者試験(FE)や情報セキュリティマネジメント試験 (SG)
  • スキルレベル3:応用情報技術者試験(AP)
  • スキルレベル4:様々な専門分野の資格があります。

〇ITパスポート試験内容

ITパスポート試験は、以下のような試験内容で実施されます。

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/examination/exam_summary.html

  • 受験資格:特に制限はありません
  • 試験日:毎月実施されています。
  • 試験会場:全国各地の会場で実施されています。
  • 試験方法:CBT(Computer Based Testing)方式。試験実施に必要なパソコン等の機器、メモ用紙、シャープペンシルは、試験会場に設置されているものを使用することとなっています。
  • 試験時間:120分
  • 出題内容:ストラテジ系(経営全般)を35問程度、マネジメント系(IT管理)を20問程度、テクノロジ系(IT技術)を45問程度の全部で100問出題されます。
  • 合格基準:総合評価で60%以上
  • 試験結果:合否判定は、試験終了後にその場でわかります。
  • 合格率:おおよそ50%前後となっています。

〇ITパスポートの活用

ITパスポート試験(IP)は、スキルレベル1ということで「情報処理技術者試験」のグループでは入門編ということになります。受験制限もありませんので、学生から主婦、社会人まで幅広く試験に挑戦されています。地方自治体や企業においても社会人の方でのIT技術能力を高めていくことを目的にして、またキャリアアップといことも含めて「ITパスポート」への挑戦を積極的に薦めてもいます。合格率も50%前後ということもあって、失敗したとしても翌月には再度チャレンジ出来ますので、IT部門の知識と技能を深めていくには合格することはスタートラインに立つということでもあります。たとえスタートレベルの資格だとはいえ、まわりからの評価を受けることはまちがいないでしょう。スキルレベルも2、3へと高めていきましょう。

試験の関連記事
  • お菓子資格人気ランキング
  • 手づくりパン資格人気ランキング
  •  ぬか漬け資格人気ランキング 
  • はちみつ資格人気ランキング
  • 塩資格人気ランキング
  •  出汁資格人気ランキング
おすすめの記事
産業洗浄技能士
試験
産業洗浄技能士は、産業用設備や上下水道管等の洗浄の仕事に必要な技能を持つ方で、技能検定制度による国家資格保持者です。 〇産業洗浄技能士制度に...
木型製作技能士
試験
木型製作技能士は、鋳造技術において木型製作の作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度による資格であり国家資格で...
美ヨガライフセラピスト口コミ評判
試験
あなたはヨガが好きですか? ストレッチの1種類として知られているヨガには、チャクラなどの概念やヨガの体位を覚えることによって身体によい効果を...
小型ボイラー取扱業務特別教育
試験
小型ボイラー取扱業務特別教育は、日本の製造業の労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して事業者が...
防水施工技能士
試験
防水施工技能士は、建設現場において雨水や生活用水などの漏水を防ぐ防水施工作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制...