注目の記事 PICK UP!

秘書検定

資格

秘書検定は、秘書としての技能能力を検定する試験です。実務技能検定協会が実施しています。受験資格に特に制限がないことから、受験者の約7割が高校生から大学生という学生となっています。年3回の試験が行われるということもあって学生には人気の資格です。

〇秘書検定とは?

秘書検定は、「公益財団法人実務技能検定協会」が実施している検定試験です。

http://jitsumu-kentei.jp/

文部科学省後援の検定試験で、公的な資格ともいわれています。現在は1級・準1級・2級・3級という級に分かれています。

〇秘書検定の受験級レベル

秘書検定の受験級レベルは以下の通りです。

  • 1級:最高レベルの秘書的業務を処理する能力を有する者。
  • 準1級:一人前の秘書的業務を処理する能力を有する者。
  • 2級:一般的な秘書的業務を処理する能力を有する者(レベルとしては秘書の新人さんというところです)。
  • 3級:初歩的な秘書的業務を処理する能力を有する者。

〇秘書検定試験の内容

秘書検定試験は以下の内容で実施しています。

  • 受験資格:特に制限はありません。3級から順番に受け必要もなく、途中の級から受験できます。
  • 試験日:2月・6月・11月と年3回実施しています。
  • 試験内容:2級と3級試験は120分の筆記試験のみとなっています。1級と準1級になると面接試験が追加されます。筆記試験に合格した方に面接試験が行われます。
  • 面接試験:1級・準1級の筆記試験合格者には、面接試験の案内が届きます。面接試験はロールプレイング方式です。一組約10分となっています。面接試験なので、服装は派手ではないのを選びましょう。「紺色のスーツ」と「白色のシャツ」が一番いいと思われます。高校生であるならば学生服が一番好印象を与えます。また髪型ですが、面接試験の中で必ずお辞儀をするロールプレイがあります。このお辞儀をしたときに、髪の毛が前や横に垂れ下がるような場合はNGだということらしいです。
  • 合格基準:試験は「理論領域」と「実技領域」に領域区分されていまして、それぞれ60%以上で合格となります。
  1. 理論領域:必要とされる資質・職務知識・一般知識
  2. 実技領域:マナー・接遇・技能

http://jitsumu-kentei.jp/HS/example/contents

  • 合格率:平成27年の試験結果からは、1級が35.0%、準1級が35.6%、2級が58.4%、3級が71.5%となっています。

http://jitsumu-kentei.jp/HS/about/contents

  • 試験勉強:勉強方法としては、書店等でテキストが発行されているのでご確認下さい。

〇秘書検定の活用等

秘書検定試験の約7割が学生ということもあって、ほとんどの方が就職活動で有効な武器として利用しています。履歴書に書く際には、できれば2級以上の取得をされていた方が、面接担当者の目に止まると思われます。

秘書の給与ですが、新入社員や転職して来た方の場合、年収250万円~350万円ほどだと言われています。また、スキルとして英語能力等の外国語が話せるようでしたら条件も高く設定されるようです。スキルを重ねて上級の秘書になれば高額な報酬も望めるでしょう。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    農業機械整備技能士

  2. 資格

    司法書士

  3. 資格

    野菜パティシエ口コミ評判

  4. 資格

    コンクリート圧送施工技能士

  5. 資格

    アルミニウム陽極酸化処理技能士

  6. 資格

    トリマー開業インストラクター認定試験口コミ評判

  7. 資格

    低圧の充電電路の敷設等の業務に係る特別教育

  8. 資格

    測量士・測量士補

  9. 資格

    夢占いアドバイザー認定試験口コミ評判

資格ランキング