ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定試験がは、企業で働いているビジネスにおいて法令順守やコンプライアンス等の実務面からの法律知識を身につけていくことができる検定試験です。

〇ビジネス実務法務検定とは?

ビジネス実務法務検定試験は、東京商工会議所が実施している検定試験です。

http://www.kentei.org/houmu/

ビジネスをしていく上で基本的な実務法務を習得していく検定でもあります。企業が守るべき法令順守やコンプライアンスについても知識を持つことができます。現在の受験級は1級・2級・3級と3種類あります。

〇ビジネス実務法務検定の受験級レベル

ビジネス実務法務検定の受験級レベルは下記の通りです。

  • 1級:試験対象者は法務部門専任者。合格しますと「ビジネス法務エグゼクティブ」という称号を与えられます。
  • 2級:試験対象者は各部門の法務責任者。合格しますと「ビジネス法務エキスパート」という称号を与えられます。
  • 3級:試験対象者は社会人全般と学生。合格しますと「ビジネス法務リーダー」という称号を与えられます。

〇ビジネス実務法務検定の試験内容

ビジネス実務法務検定は以下の内容で実施されます。

  • 受験資格:特に制限はありませんが、1級の受験者条件として2級の合格者となっています。
  • 試験日:7月と12月の年に2回実施されます。
  • 試験内容:2級と3級はマークシート問題2時間、1級は論述式問題(共通と選択各2時間)となっています。
  • 合格基準:以下の通りです。
  1. 1級:共通問題2問、および選択問題2問の200点満点の中で、各問題ごとに得点が50%以上、かつ合計点が140点以上ををもって合格となります。
  2. 2級:100点満点中、70点以上をもって合格となります。
  3. 3級:100点満点中、70点以上をもって合格となります。
  • 合格率:2015年度の試験結果は以下の通りです。
  1. 1級:11.6%
  2. 2級:23.0%
  3. 3級:74.2%
  • 勉強方法:同協会の出版物を参考にしてみて下さい。

http://www.kentei.org/houmu/textinfo.html

〇ビジネス実務法務検定の活用等

ビジネス実務法務検定は、東京商工会議所主催の民間資格ということなのですが企業の後援が結構ある資格なのです。3級合格率が約7割と取得しやすいということも反映してか、新入社員や転職者に対して必須の受験資格としている企業もあるようです。社内での昇進試験においても判断材料とされているようです。

企業の中でもコンプライアンスや法令順守という基本的にはわかっているつもりであっても根本的な解決策や対応策を考える際に、知識がある人材が欲しいということがこの資格を取得させる動機付けにもなっているのかもしれません。法務部門の担当者のみならず、お客様と最優先にいる営業部門や販売部門、総務・人事部門等のバックアップする部門でも最低限の知識習得には最適の資格なのでしょう。

統計データを確認してみる限りでも、社会人の受験者が圧倒的に多く学生の割合は3級の場合ですと、約1割前後ということになっています。社会人になってから、ビジネス面での実務に役立つ法務検定試験を受ける必要性がわかるデータでもあります。

試験の関連記事
  • お菓子資格人気ランキング
  • 手づくりパン資格人気ランキング
  •  ぬか漬け資格人気ランキング 
  • はちみつ資格人気ランキング
  • 塩資格人気ランキング
  •  出汁資格人気ランキング
おすすめの記事
タイル張り技能士
試験
タイル張り技能士は、タイル張り作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度による資格であり国家資格です。 〇タイル...
プラスチック成形技能士
試験
プラスチック成形技能士は、成形機・金型・周辺機器などによりプラスチック成形に必要な技能を持つ方で、技能検定制度による国家資格者です。 〇プラ...
衛生工学衛生管理者
試験
「衛生管理者」 という資格は聞いたことがあるかと思います。 常時50人以上の事業場にはこの衛生管理者を選任する義務が あります。それ以外に特...
建築板金技能士
試験
建築板金技能士は、建設業で屋根をふく仕事である建築板金作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度による資格であり...
食生活アドバイザー
試験
食生活アドバイザーという試験は、食についての様々な知識を検定する民間資格です。近年ではテレビタレントが取得をして有名になってきています。 〇...