資格

中国語検定(中検)は、中国語レベルを検定する資格で「一般財団法人日本中国語検定協会」が実施しています。

〇中国語検定の概要

中国語検定試験が、「一般財団法人日本中国語検定協会」が実施している中国語の検定試験です。

http://www.chuken.gr.jp/

1級・準1級・2級・3級・4級・準4級とあります。

〇中国語検定の受験級レベル

中国語検定の受験級レベルは下記の通りです。

  • 準4級:基礎単語約500語、日常挨拶語約50~80が出来る者。
  • 4級:常用語500~1,000、一般大学の第二外国語における第一年度履修程度の者。
  • 3級:常用語1,000~2,000、一般大学の第二外国語における第二年度履修程度の者。
  • 2級:中国語文章を読んで3級程度の文章を書くことができる者。
  • 準1級:簡単な通訳が出来る者
  • 1級:日常の翻訳や通訳が出来る者

〇中国語検定試験の内容

中国語検定試験は以下の内容で実施されます。

  • 試験日程:3月・6月・11月に実施されます。ただし1級は11月のみとなっています。
  • 受験資格:特に制限はありません。
  • 受験会場:日本国内で53都市で実施されます。中国国内でも6都市で受験可能です。
  • 試験内容:1次試験と2次試験に分かれています。準1級と1級試験のも2次試験まで実施されます。2次試験は1次試験の約2か月後に実施されています。
  • 合格基準点:1次試験はそれぞれ「リスニング」と「筆記」が行われます。なお合格基準点は難易度によって調整されることがあります。
  1. 準4級:リスニング50点満点と筆記50点満点中、60点以上
  2. 4級:リスニング100点満点中60点以上、筆記100点満点中60点以上
  3. 3級:リスニング100点満点中65点以上、筆記100点満点中65点以上
  4. 2級:リスニング100点満点中70点以上、筆記100点満点中70点以上
  5. 準1級:リスニング100点満点中75点以上、筆記100点満点中75点以上
  6. 1級:リスニング100点満点中85点以上、筆記100点満点中85点以上
  • 勉強方法:同協会で図書や講習会を開いていますので参考にされて下さい。

https://www.chuken.gr.jp/ezs/

  • 試験免除者:1次試験合格者が2次試験に不合格になった場合、翌年まで1次試験は免除されて2次試験から受験可能です。
  • 合格率:平成25年11月に実施された結果では以下の通りです。
  1. 準4級:64.6%
  2. 4級:43.1%
  3. 3級:27.9%
  4. 2級:18.9%
  5. 準1級:15.0%
  6. 1級:4.5%

〇中国語検定の活用

同協会の検定試験に合格しますと、以下のような活用があります。

  • 大学の講義によっては、準4級に合格すれば「中国語Ⅰ」、4級に合格すれば「中国語Ⅱ」、3級に合格すれば「中国語Ⅲ」の単位が授与されるという大学の授業があります。
  • 1級合格者は、「通訳案内士」試験で外国語の筆記試験が免除されています。

社会人としては、新卒や中途採用の面接時や履歴書のアピールポイントとして3級以上でしたら、面接担当者も目を向けてくれると言われています。中国とのビジネス面での交流は今後もますます増加の一途でしょうから今後ますます、受験者も合格者も増えていくことと思われます。

試験の関連記事
  • ドッグトレーニング
    犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 夢占い
    夢占い資格人気ランキング
  • 姿勢
    姿勢資格人気ランキング
  • ファスティング
    ファスティング資格人気ランキング
  • スーパーフード
    スーパーフード資格人気ランキング
おすすめの記事
資格
試験
木型製作技能士は、鋳造技術において木型製作の作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度による資格であり国家資格で...
資格
試験
土地の表示を法務局にて登記手続きうる仕事である土地家屋調査士の中には、ADR認定土地家屋調査士という肩書を持っている者がいます。ADR認定土...
資格
試験
スペイン語技能検定(西検)は、日本スペイン協会が実施しているスペイン語の検定試験です。1級から6級までの試験を実施しています。 目次〇スペイ...
資格
試験
建築設備士とは、建築士法に基づいた資格で国家資格です。建築士の求めに応じて建築設備のアドバイスをする資格者となっています。資格を有する者は二...
資格
試験
カフェの場合は、レストランと違って「食品衛生責任者資格」があればオープンすることができますが、お客さまの「憩いの空間」としてのサービスを提供...