資格

実用フランス語技能検定は略して「フランス語検定」や「仏検」とも呼ばれています。公益財団法人 フランス語教育振興協会が実施している検定です。

〇実用フランス語技能検定の概要

実用フランス語技能検定は、「公益財団法人 フランス語教育振興協会」が実施しています。文部科学省と在日フランス大使館の後援をうけて実施がされています。

http://apefdapf.org/

「フランス語検定」や「仏検」とも呼ばれ、1級・準1級・2級・準2級・2級・3級・4級・5級と級の種類があります。フランス語の検定試験は日本ではこの協会でしか実施していません。

〇実用フランス語技能検定の受験レベル

実用フランス語技能検定の受験級レベルは以下の通りです。

  • 1級:標準的な学習時間は600時間以上の者で、フランス語を実地で役立てる場合の即戦力となる方が対象です。
  • 準1級:標準的な学習時間は500時間以上の者で、大学のフランス語専門課程を卒業程度の実力がある方が対象です。
  • 2級:標準的な学習時間は400時間以上の者で、大学のフランス語専門課程4年生程度の方が対象です。
  • 準2級:標準的な学習時間は300時間以上の者で、大学の3年修了程度の実力を有している方が対象です。
  • 3級:標準的な学習時間は200時間以上の者で、大学講義で第一外国語としての授業を1年間、第二外国語としては週2回の授業を
    2年間の学習に相当します。
  • 4級:標準的な学習時間は100時間以上の者で、大学講義で週1回の授業を2年間、週2回の授業なら1年間の学習に相当します。
  • 5級:標準的な学習時間は50時間以上の者で、大学講義で週1回の授業を1年間、週2回の授業なら半年間の学習に相当します。

〇実用フランス語技能検定試験

実用フランス語技能検定試験は下記の通りです。

  • 開催時期:1次試験が6月と11月に実施されます。それぞれ2次試験は7月と1月に試験が行われます。
  • 試験会場:日本の各地域で実施されています。またフランスのパリにても同じ試験を実施しています。
  • 試験内容:1次試験は3級・4級・5級の受験者が実施して終了です。準2級・2級・準1級・1級は2次試験まで実施されます。準1級と1級は2次試験が年に1回しか実施されません。
  • 合格率:最近の試験結果ですが、1級(1次試験)は12.5%、(2次試験)が11.4%、準1級(1次試験)が28.0%、(2次試験)が24.1%、2級(1次試験)が35.9%、(2次試験)が31.7%、準2級(1次試験)が62.4%、(2次試験)が55.5%、3級試験が75.7%、4級試験が77.3%、5級試験が87.5%となっています。

http://apefdapf.org/dapf/presentation/statistiques/resultats2011

〇実用フランス語技能検定の活用

実用フランス語技能検定の1級合格者は、通訳案内士試験のフランス語試験にて、外国語の筆記試験が免除されています。またフランス企業の日本法人でも採用に対しては優遇されています。フランス語圏内の海外での仕事が多いそうです。アフリカが結構多いそうです。

学生でも単位取得や編入学試験等で優遇措置が行われています。

試験の関連記事
  • ドッグトレーニング
    犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 夢占い
    夢占い資格人気ランキング
  • 姿勢
    姿勢資格人気ランキング
  • ファスティング
    ファスティング資格人気ランキング
  • スーパーフード
    スーパーフード資格人気ランキング
おすすめの記事
資格
試験
テクニカルイラストレーション技能士は、各種製品等の立体図を描き、カタログや取扱い説明書等に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省...
資格
試験
ウェルポイント施工技能士は、建設業でウェルポイントを地下に打ち込んで地下水をくみ上げて、地盤改良をしていく、ウェルポイント施工作業に必要な技...
資格
試験
舞台機構調整技能士は、劇場やホール等の舞台での音響機構の調整操作に必要な技能を持つ方で、技能検定制度による国家資格保持者です。 目次〇舞台機...
手相占い
試験
あなたは手相に関する知識があることを知っていますか? 手相占いに関する正しい知識を身に着けることで自分を将来を自分で占うことが出来るようにな...
資格
試験
目次薬膳調整師とは?薬膳調整師認定試験とは?薬膳調整師認定試験を受験した人の口コミと評判薬膳調整師認定試験の受験について薬膳調整師認定試験の...
資格
試験
ずい道等の覆工作業主任者とは、建設業での労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して事業者が一定の...