注目の記事 PICK UP!

国連英検

資格

国連英検とは、国際連合公用語英語検定と呼ばれる英語の検定で「特A級」・「A級」・「B級」・「C級」・「D級」・「E級」を級があります。

〇国連英検とは?

国連英検は、外務省の外郭団体でもある「公益財団法人 日本国際連合協会」が試験を実施する英語検定です。

http://www.kokureneiken.jp/

正式名称は「国際連合公用語英語検定」といいます。現在は「特A級」・「A級」・「B級」・「C級」・「D級」・「E級」とあり、中学生レベルから大学生レベルまで自分で選んで受験が出来ます。国際連合の公用語というのは、英語・フランス語・中国語・ロシア語・スペイン語・アラビア語とあるのですが、その中の言語で英語能力を問う試験です。また、試験の名称に国連とありますので、国際連合の各諸国で国連英検があるという解釈になりますが、国連英検は日本のみで実施されています。

〇国連英検の受験級レベル

受験級レベルは以下の通りです。

  • E級:中学修了程度の英語力のテストです。
  • D級:高校1,2年程度の英語力のテストです。
  • C級:高校修了程度の英語力のテストです。
  • B級:英字新聞や雑誌の比較的やさしい記事が理解できる方向けです。
  • A級:英字新聞等の記事、小説、劇の一場面などを短時間に理解することが出来る方向けです。
  • 特A級:英語力で国際的に通用する知識・情報なども要求される点に特徴があります。

特筆すべき点は、試験内容のほとんどが国際連合の知識や国際政治の問題等の時事問題も数多く出題されます。B級以上の受験者には同協会が発行している「わかりやすい国連の活動と世界」を必ず読んでおいたほうがいいいということです。

〇国連英検試験概要

国連英検試験は、下記の要領で実施されます。

  • 試験日:年2回、6月と11月に実施されます。
  • 一次試験と二次試験:一次試験はC級からE級までが実施されます。B級の場合はマーク式及び英作文の一次試験が実施されます。特A級とA級の場合は、マーク式及び英作文の一次試験に合格後、更に二次試験が行われて英語の面接があります。
  • 合格率:判断材料としてTOEICのスコア平均点があります。
  1. 特A級:TOEICスコア967点
  2. A級:TOEICスコア918点
  3. B級:TOEICスコア752点
  4. C級:TOEICスコア561点

上記のTOEICスコアから判断する限り、かなり厳しい資格であることがわかります。英語の先生であっても特A級はどんどんと不合格になっていくそうです。

〇国連英検

国連英検は、外務省用の英語検定と考えていただければわかり易いかもしれません。A級は外務省による英語能力検定にも使われています。特A級になりますと、国際公務員の為の研修制度として「アソシエイト・エキスパート」というのがあり、その選抜される際の語学試験となっています。外務省完了にとっては必須の英語検定ともなっています。

このような国連英検は、英語検定の中でもひときわ抜きんでていてA級や特A級を目指して合格された方は、英語レベルも国際情勢のレベルでも物凄いエキスパートであるという証明にもなっています。レベルとしてはB級まで(平均TOEICスコア752点)を取得するところまでをまずは目指してみましょう。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    文章検(文章読解、作成能力検定)

  2. 資格

    キャンドル資格人気ランキング

  3. 資格

    建築板金技能士

  4. 資格

    ずい道等の掘削、覆工等の業務に係る特別教育

  5. 発酵食品資格人気ランキング

  6. 資格

    日本語能力試験

  7. 資格

    数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判

  8. 資格

    みそ製造技能士

  9. 姿勢資格人気ランキング

資格ランキング