注目の記事 PICK UP!

英検

資格

英検と呼ばれる実用英語技能検定は、学生時代誰でも耳にする試験だと思います。英検又は英語検定と略されることが多いです。現在の級種類は5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級と設定されています。

〇英検とは?

英検、又は英語検定と略される実用英語技能検定は、公益財団法人日本英語検定協会が実施している検定試験です。

http://www.eiken.or.jp/eiken/

5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級と級の種類があり、英語の能力を評価する資格としては日本で一番長く行われている有名な検定資格です。

〇英検試験

英検試験は現在は下記の級に分類されています。一次試験では筆記試験とリスニングテストが行われ、二次試験は面接委員との個別面接形式で会話テストを行います。5級と4級試験は一次試験だけで合否判定が行われます。3級~1級が二次試験までがあり、一次試験で合格した者のみが二次試験の面接試験を受けられます。

  • 5級:中学初級程度試験、合格率は80%前後となっています。
  • 4級:中学中級程度試験、合格率は70%前後となっています。
  • 3級:中学卒業程度試験、合格率は50%前後となっています。
  • 準2級:高校中級程度試験、合格率は35%前後となっています。
  • 2級:高校卒業程度試験、合格率は25%前後となっています。
  • 準1級:大学中級程度試験、合格率は15%前後となっています。
  • 1級:大学上級程度試験、合格率は10%前後となっています。

〇英検合格者のメリット

英検各級の合格者には、以下のようなメリットがあります。

  • 1級:観光庁が実施する通訳案内士試験にて、一次試験である筆記試験の外国語の受験が免除されます。
  • 英検優遇校:英検を取得することで入試での学科免除、授業での英語単位や授業料の免除等、学校により様々な優遇措置制度が取られています。http://search.eiken.or.jp/qualification/
  • 大検(高等学校卒業程度認定試験):英検準2級以上の合格者には英語の試験科目が免除されます。

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/index.htm

  • 英検留学:英検を取得することで、海外への留学をサポートしてくれます。英検留学による認定校もアメリカとオーストラリアの各国でたくさんあります。

http://www.eiken.or.jp/eiken/abroad/

  • 公立中学校や高等学校の英語教師採用試験:英検準1級や1級の取得者は一次試験の専門審査・二次試験の実技審査等にて、多くの都道府県や市町村にて免除されている優遇措置があります。

〇英検取得者の社会人での活用

英検取得者には、新入社員の採用面接でも効果は抜群です。準1級や1級取得者は特に面接時点での評価点は確かといえます。また転職する際にも英検の1級等をお持ちでしたら、すぐに採用をしてくれるそうです。英検の社会的評価はいまだにかなり高く、TOEICやTOEFL等のスコアよりも英検1級の方が偉いと思われている風潮があるようです。

ただ英検1級のほとんどの取得者が社会人になって、これが第1歩だと実感するそうです。実社会での英語スキルを学んでいくうちに、自分の英語レベルや会話力はこれからだと感じててしまう世界だということです。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    フラワーアレンジメント花資格人気ランキング

  2. 資格

    紅茶資格人気ランキンフ

  3. 資格

    金属熱処理技能士

  4. 資格

    ポルトガル語検定試験

  5. 資格

    ビルクリーニング技能士

  6. ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

  7. 資格

    POP広告・デザイン資格人気ランキング

  8. 資格

    ドイツ語技能検定(独検)

  9. 資格

    国連英検

資格ランキング