注目の記事 PICK UP!

インテリアプランナー

資格

インテリアプランナーは、インテリアの企画・設計から工事監理にまで携わる専門家として建築物のインテリア空間をプランニングしている手助けをしてくれる資格です。国土交通省所管にある「建築技術教育普及センター」にて試験を実施しています。

〇インテリアプランナーとは?

インテリアプランナーは、建築空間をインテリアする専門的な資格として誕生しました。個人住宅や事務所・店舗、ホテルや病院等の公共的な施設などの建築物に対してインテリアの企画・設計・工事監理業務を行います。

よく類似している資格としてインテリアコーディネーターがあります。こちらの資格保有者は住宅内のインテリア用の販売商品をお客さまの要望に合わせてコーディネートする資格でして、全体的な企画・設計等には携わっていません。

それゆえインテリアコーディネーターを保有している方が、次に目指す資格がこのインテリアプランナーだと言われています。

〇インテリアプランナー試験の変更概要(平成28年度より)

インテリアプランナー試験は、「公益財団法人 建築技術教育普及センター」にて実施されています。この団体は一級建築士や二級建築士試験も行っている認定試験機関です。

http://www.jaeic.or.jp/shiken/ip/index.html

さて、平成28年度から制度が変更されます。准インテリアプランナーの誕生です。

・学科試験及び設計製図試験により構成されます:学科試験に合格した者が設計製図試験を受けることに変わりました。

・学科試験の合格者:今年度より新たに創設された「アソシエイト・インテリアプランナー」(准インテリアプランナー)の称号を得ることが登録することで可能となりました。

・設計製図試験の合格者:「インテリアプランナー」として登録することが出来ます。

〇インテリアプランナー試験

試験内容は以下の通りです。

・学科試験:誰でも受験が出来ます。毎年6月頃に試験が行われ、「インテリア計画」・「インテリア装備」・「インテリア施工」・「インテリア法規」・「建築一般」から50問出題されます。

・設計製図試験:設計課題を6月頃に公表され、インテリア設計製図を11月の試験日に製図します。

・合格率:学科試験が50%~60%前後、設計製図試験が25%前後となっています。

http://www.jaeic.or.jp/shiken/ip/ip-data.html

〇インテリアプランナーの仕事内容等

インテリアプランナーのほとんどの方が、同協会が実施している「一級建築士」・「二級建築士」を持っている有資格者です。建築の設計であるプロが、インテリアに関する知識を深める為にインテリアプランナーを保有しているようです。実際には建築確認の許可を取る際には、建築士の保有資格者が実施しますので、ダブルライセンスが一番効果的な仕事の仕方なのでしょう。年収も建築士と同等と言われています。中小企業勤務ですと400万円~600万円というところでしょうか。また会社によっては資格手当が支給されているようです。

インテリアコーディネーターを取得された方が次のステップとして、試験に挑むケースも多いようです。こちらも両方の資格を有することで優位に業務をこなされているようです。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    社会保険労務士

  2. 資格

    情報配線施工技能士

  3. 資格

    国連英検

  4. 資格

    巻上げ機の運転の業務に係る特別教育

  5. 資格

    キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判

  6. 資格

    日本漢字能力検定

  7. 資格

    サナトリウム健康アドバイザー認定資格口コミ評判

  8. 資格

    ドライフルーツセレクター口コミ評判

  9. 資格

    ハウスクリーニング掃除資格人気ランキング

資格ランキング