舗装施工管理技術者とは、建設業での道路舗装工事にて施工の管理をする専門の技術者です。公共工事の入札条件や施工条件には1級・2級舗装施工管理技術者を専任する必要もある大変重要な資格です。

〇舗装施工管理技術者とは?

舗装施工管理技術者は1級と2級に分類されていて、道路舗装工事の施工を管理する専門的な技術者として建設業の土木工事現場では重要な要職となっています。ほとんどの技術者が1級・2級土木施工管理技士の資格を保有していて、専門的な道路舗装技術のプロとして試験を受けています。それゆえ、土木施工管理技士の受験勉強した知識が最低限必要な分野も問われています。

〇舗装施工管理技術者の資格要件

舗装施工管理技術者試験を受けるには、以下の要件があります。

・2級舗装施工管理技術者

  1. 指定学科の大学卒業後、実務経験1年以上、又は指定学科以外は1年6ヵ月以上。
  2. 指定学科の短大・高専卒業後、実務経験2年以上、又は指定学科以外は3年以上。
  3. 指定学科の高校を卒業後、実務経験3年以上、又は指定学科以外は4年6ヵ月以上。
  4. 実務経験8年以上の者。
  5. その他

・1級舗装施工管理技術者

  1. 指定学科の大学卒業後、実務経験3年以上、又は指定学科以外は4年6ヵ月以上。
  2. 指定学科の短大・高専卒業後、実務経験5年以上、又は指定学科以外は6年6ヵ月以上。
  3. 指定学科の高校を卒業後、実務経験8年以上、又は指定学科以外は11年6ヵ月以上。
  4. 実務経験15年以上の者。
  5. 技術士二次試験(建設部門)・1級土木施工管理技士、1級建設機械施工技士の者
  6. 2級舗装施工管理技術者、2級土木施工管理技士、2級建設機械施工技士のうち、実務経験合格後5年以上
  7. その他

〇舗装施工管理技術者試験

舗装施工管理技術者は年1回、6月に試験が行われています。一般試験と応用試験があり、それぞれ60%以上の合格点が基準点です。一般試験のみに合格した場合には、翌年の試験に限りまして一般試験が免除されています。

一般社団法人 日本道路建設業協会が試験を行っています。

http://www.dohkenkyo.com/pavement/

・一般試験:土木工学・舗装工学・施工管理・関連法規から出題されます。

・応用試験:選択・記述問題で、設計・材料・施工・補修・工事概要から出題されています。

・2級舗装施工管理技術者:合格率は平均40.5%となっています。

・1級舗装施工管理技術者:合格率は平均18.3%となっています。

試験合格後には登録申請を行います。その後資格者証が交付されて「1級舗装施工管理技術者」・「2級舗装施工管理技術者」と称することが出来ます。資格者証の更新は技術革新の確認もありますので、5年毎となっています。また登録を更新せずに失効させてしまった場合には、技術講習を受講してもらう必要があります。

〇舗装施工管理技術者の仕事内容等

舗装施工管理技術者の有資格者は、ほとんどが土木施工管理技士の資格を先に取っている方が多いです。その為でもありますが、舗装施工管理技術者の報酬としては、資格手当や受験手当を支給している会社が多いようです。

道路工事会社、特に舗装工事を専門にしている会社でもこの資格を取っている技術者が多く、益々需要がある資格となっています。

おすすめの記事