注目の記事 PICK UP!

電気工事施工管理技士(1級・2級)

資格

電気工事施工管理技士は、建設業の施工を管理する技術資格者である国家資格の「施工管理技士」と呼ばれる中で、電気工事現場の監督となる資格を有する者のことをいいます。

〇電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士は、建設業法に定められた「施工管理技士」という国家資格の中で、電気工事の現場を施工管理する技術者のことをいいます。建築工事現場では、電気工事も必要な建設職種であり特殊な工事をする専門業者でもあります。1級と2級に資格が分かれており、監理技術者や主任技術者として現場の施工を管理します。

〇電気工事施工管理技士試験の受験資格

電気工事施工管理技士試験の受験資格は以下の通りとなっています。

・2級電気工事施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後1年以上の実務経験
  2. 大学の指定学科以外では1年6か月以上の実務経験
  3. 短期大学・高等専門学校の指定学科を卒業後2年以上の実務経験
  4. 短期大学・高等専門学校の指定学科以外は3年以上の実務経験
  5. 高等学校の指定学科を卒業後3年以上の実務経験
  6. 高等学校の指定学科以外は4年6か月以上の実務経験
  7. 8年以上の実務経験
  8. 電気主任技術者は1年以上の実務経験
  9. 第一種電気工事士は0年以上の実務経験
  10. 第二種電気工事士は1年以上の実務経験

・1級電気工事施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後3年以上の実務経験
  2. 大学の指定学科以外は4年6か月以上の実務経験
  3. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後5年以上の実務経験
  4. 短期大学、高等専門学校の指定学科以外は7年6か月以上の実務経験
  5. 高等学校の指定学科を卒業後10年以上の実務経験
  6. 高等学校の指定学科以外は11年6か月以上の実務経験
  7. 15年以上の実務経験
  8. 電気主任技術者は6年以上の実務経験
  9. 第一種電気工事士は10年以上の実務経験
  10. その他では2級電気工事施工管理技士として活躍した実務経験や主任技術者として経験年数を事業主の証明印があれば短縮出来ます。

〇電気工事施工管理技士試験

電気工事施工管理技士試験は、「一般財団法人 建設業振興基金」が試験を実施しています。それぞれ学科試験と実地試験があります。

http://www.fcip-shiken.jp/

・2級電気工事施工管理技士:学科・実地検定試験は11月に実施されます。学科試験の合格率が50%~60%前後、実地試験の合格率は40~50%前後となってまして、全体では25%前後の合格率となっています。

・1級電気工事施工管理技士:学科試験が6月、実地試験が10月に実施されます。学科試験の合格率が30%~40%前後、実地試験の合格率は60~70%前後となってまして、全体では25%前後の合格率となっています。

〇電気工事施工管理技士の仕事や報酬等

電気工事施工管理技士の年収は、平成27年度 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によりますと約460万円という結果になっています。サラリーマンの平均年収が約400万円なので、専門技術者としての資格報酬があるもとと推測されます。2級電気施工管理技士の方は、次のステップである1級電気施工管理技士を目指して資格勉強と実務をそれぞれ頑張っていらっしゃいます。建設現場では1級の有資格者は監理技術者又は主任技術者として、2級の有資格者は主任技術者として建設業界では活躍しています。

 

 

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    はい作業主任者

  2. 資格

    工業英検

  3. 資格

    エクステリア心理カウンセラー認定試験口コミ評判

  4. 資格

    建築板金技能士

  5. 資格

    コンクリート打設用建設機械(コンクリートポンプ車)の作業装置の操作の業務に係る特別教育

  6. 資格

    数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判

  7. 資格

    表装技能士

  8. 資格

    鉄工技能士

  9. 資格

    音楽資格人気ランキング

資格ランキング