注目の記事 PICK UP!

管工事施工管理技士(1級・2級)

資格

管工事施工管理技士は、工事現場では管工事という分類になる仕事があるのですが、そこの施工管理をする技術者です。建設業法によって国家資格とされており、1級と2級の技術者がいます。

〇管工事施工管理技士とは?

管工事施工管理技士とは、冷暖房設備・空調設備・給排水・給湯設備・ダクト・ガス配管・衛生設備工事といわれる建設業では管工事に分類される工事現場の施工管理をする技術者をいいます。1級と2級に分類されていて、扱うことができる工事規模が変わってきます。主任技術者や監理技術者となって、管工事現場を取り仕切る技術者です。建設業法にある「施工管理技士」の一つであり国家資格として認定されています。

〇管工事施工管理技士試験の受験資格

管工事施工管理技士試験の受験資格は以下の通りとなっています。

・2級管工事施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後1年以上の実務経験がある者
  2. 大学の指定学科以外では1年6か月以上の実務経験がある者
  3. 短期大学・高等専門学校の指定学科を卒業後2年以上の実務経験がある者
  4. 短期大学・高等専門学校の指定学科以外は3年以上の実務経験がある者
  5. 高等学校の指定学科を卒業後3年以上の実務経験がある者
  6. 高等学校の指定学科以外は4年6か月以上の実務経験がある者
  7. 8年以上の実務経験がある者

・1級管工事施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後3年以上の実務経験がある者
  2. 大学の指定学科以外は4年6か月以上の実務経験がある者
  3. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後5年以上の実務経験がある者
  4. 短期大学、高等専門学校の指定学科以外は7年6か月以上の実務経験がある者
  5. 高等学校の指定学科を卒業後10年以上の実務経験がある者
  6. 高等学校の指定学科以外は11年6か月以上の実務経験がある者
  7. 15年以上の実務経験がある者
  8. その他では2級管工事施工管理技士として活躍した実務経験や主任技術者として経験年数を事業主の証明印があれば短縮出来ます。

〇管工事施工管理技士試験

管工事施工管理技士試験は、「一般財団法人 全国建設研修センター」が試験認定機関として実施しています。それぞれ学科と実地試験に分かれて試験を行います。合格基準が学科試験・実地試験では60%以上となっています。

http://www.jctc.jp/exam

・2級管工事施工管理技士:11月頃に学科と実地試験が行われます。合格率は学科試験が50~60%前後、実地試験が30~40%前後となっています。

・1級管工事施工管理技士:9月頃に学科試験、12月頃に実地試験が行われます。合格率は学科試験が30~45%前後、実地試験が50~60%前後となっています。

〇管工事施工管理技士の仕事と報酬等

管工事施工管理技士は建設業の配管工事会社に勤務している方や、総合建設業の管工事部門に勤務されています。特殊な工事でありますので技術的な専門知識が要求される仕事です。技術者としての年収は平成27年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」から確認しますと430万ほどとなっています。管工事の施工監督としての資格を持ちながら、併せて建築配管やプラント配管の技能士としての資格を持っている方も多いです(国家資格である技能士には1級~3級まであります)。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    食用オイルソムリエ口コミ評判

  2. 資格

    酒造技能士

  3. 資格

    ニードルフェルトデザインマスター口コミ評判

  4. 資格

    石材施工技能士

  5. ヨーグルトマイスター口コミ評判

  6. 資格

    食用油アドバイザー口コミ評判

  7. 資格

    歩き方インストラクター口コミ評判

  8. 資格

    揚貨装置の運転の業務に係る特別教育(制限荷重5トン未満)

  9. 資格

    ワイン資格人気ランキング

資格ランキング