注目の記事 PICK UP!

造園施工管理技士(1級・2級)

資格

造園施工管理技士とは、建設業法の「施工管理技士」と呼ばれる工事現場の施工管理責任者となる一つです。国家資格であり造園工事を監督する技術者の方をいいます。1級と2級に分かれていて、級によって施工の規模が変わってきます。

〇造園施工管理技士とは?

造園施工管理技士は建設業法に定められている国家資格であり、公園・緑地・遊園地などの造園工事をする際に施工管理する技術者となります。「施工管理技士」という資格の中の一つで1級と2級に分類されていまして、級によって仕事の規模が違って来ます。現場では主任技術者や監理技術者として施工の監督をしています。勤務先は主に造園業者であったり、総合建設業の造園部門に勤務されている方となっています。

〇造園施工管理技士試験の受験資格

造園施工管理技士試験に受験する為には以下のような受験資格があります。

・2級造園施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後1年以上の実務経験がある者、又は指定学科以外では1年6か月以上の実務経験がある者
  2. 短期大学・高等専門学校の指定学科を卒業後2年以上の実務経験がある者、又は指定学科以外は3年以上の実務経験がある者
  3. 高等学校の指定学科を卒業後3年以上の実務経験がある者、又は指定学科以外は4年6か月以上の実務経験がある者
  4. 8年以上の実務経験がある者

・1級造園施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後3年以上の実務経験がある者、又は指定学科以外は4年6か月以上の実務経験がある者
  2. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後5年以上の実務経験がある者、又は指定学科以外は7年6か月以上の実務経験がある者
  3. 高等学校の指定学科を卒業後10年以上の実務経験がある者、又は指定学科以外は11年6か月以上の実務経験がある者
  4. 15年以上の実務経験がある者
  5. その他、2級造園施工管理技士として活躍した実務経験や主任技術者として経験年数を事業主の証明印があれば短縮出来ます。

〇造園施工管理技士試験

造園施工管理技士試験は、一般財団法人 全国建設研修センターが試験を実施しています。それぞれ学科と実地試験に分かれています。

http://www.jctc.jp/exam

・2級造園施工管理技士:学科試験が50%前後、実地試験が30%前後となっています。合格基準が学科試験では50問中30問以上、実地試験では60%以上の解答率となっています。

・1級造園施工管理技士:学科試験が30%前後、実地試験が30%前後となっています。合格基準が学科試験では65問中39問以上、実地試験では60%以上の解答率となっています。

〇造園施工管理技士の仕事や報酬等

造園施工管理技士の仕事は、公園や街路樹の管理等で自然を相手にする仕事です。民間の庭の手入れ仕事から大規模な公園の日本庭園の仕事もこなす造園工事は、すぐに手入れした植林が見えてくる仕事なのでやりがいのある仕事でもあります。技術者としての年収も300万円から450万円ほどと言われていまして、サラリーマンの平均年収400万円とほぼ同額となっています。技術者として報酬はそれほど高額ではないかもしれませんが、造園仕事に生きがいを持てる方が多いのも事実であり、好きな仕事だと自負している技術者もいます。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    型枠施工技能士

  2. 資格

    築炉技能士

  3. 資格

    紅茶資格人気ランキンフ

  4. 資格

    校正技能検定

  5. 資格

    秘書検定

  6. 資格

    食の資格!日本安全食料料理協会の口コミ評判

  7. 資格

    歩き方インストラクター口コミ評判

  8. 資格

    石材施工技能士

  9. 資格

    建設用リフトの運転の業務に係る特別教育

資格ランキング