注目の記事 PICK UP!

建築施工管理技士(1級・2級)

資格

建築施工管理技士は建設業法に定められた国家資格です。「施工管理技士」という技術者の中で建築工事を施工管理する責任者であり、1級と2級の種類があり、級によって管理する工事の規模も変わってきます。

〇建築施工管理技士とは?

建設業法に定められた国家資格であり、建築施工管理技士は建設業の業種の中で、建築・大工・左官・とび土工・石・屋根・タイルレンガ・鋼構造物・鉄筋・板金・ガラス・塗装・防水・内装・熱絶縁・建具工事と「施行管理技士」の中では一番職種が多い技術者です。1級と2級に分類されていまして、建設現場では主任技術者や監理技術者としての施工の責任者を担っている大変な仕事をしています。

〇建築施工管理技士試験の受験資格

建築施工管理技士試験を受けるには受験資格があります。

・2級建築施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後1年以上の実務経験、あるいは指定学科以外だと1年6か月以上の実務経験
  2. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後2年以上の実務経験、あるいは指定学科以外だと3年以上の実務経験
  3. 高等学校の指定学科を卒業後3年以上の実務経験、あるいは指定学科以外だと4年6か月以上の実務経験
  4. 8年以上の実務経験

・1級建築施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後3年以上の実務経験、あるいは指定学科以外だと4年6か月以上の実務経験
  2. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後5年以上の実務経験、あるいは指定学科以外だと7年6か月以上の実務経験
  3. 高等学校の指定学科を卒業後10年以上の実務経験、あるいは指定学科以外だと11年6か月以上の実務経験
  4. 15年以上の実務経験
  5. その他、2級建築施工管理技士として活躍した実務経験や主任技術者として経験年数を事業主の証明印があれば短縮出来ます。

〇建築施工管理技士試験

一般財団法人 建設業振興基金が試験を実施しています。それぞれ学科試験と実地試験があります。1級と2級の試験でそれぞれ一級建築士の資格を有する者は、学科試験が免除されています。

http://www.fcip-shiken.jp/

・2級建築施工管理技士:例年11月に試験を学科試験・実地試験を同日に開催します。実地試験では前年度と今年度の学科試験の合格者、そして一級建築士のみ受験可となっています。学科試験の合格率は35%~60%、実地試験の合格率は30%~35%となっています。

・1級建築施工管理技士:例年学科試験を6月に、実地試験を翌年の2月に行われます。実地試験では前年度と今年度の学科試験の合格者、そして一級建築士のみ受験可となっています。学科試験の合格率は40%~50%、実地試験の合格率は35%~40%となっています。

〇建築施工管理技士の仕事や報酬等

1級・2級建築施工管理技士を取得している方は、おおよそ年収が400万円から600万円前後だといわれています。大手の建設会社であれば1,000万円を超えているというお話です。建設会社で現場の監督として業務を行う方と一級建築士も併せて取得して、設計を主体にした仕事をされている方もいらっしゃいます。それぞれ現場か設計のどちらかは自分の適材適所で仕事をされていますが、建築施工管理技士と建築士の両方の資格手当を会社から支給されている方もいるようです。更に個人事務所を設立して一級建築士事務所を立ち上げて、建築現場と設計現場の両方の視点からお客様の為に頑張っている方もいます。まずは一番自分のあった

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    紙器・段ボール箱製造技能士

  2. 発酵食品資格人気ランキング

  3. 資格

    宅地建物取引士(宅建)

  4. 猫の育て方アドバイザー口コミ評判

  5. 資格

    レジンアートデザイナー口コミ評判

  6. 資格

    樹脂接着剤注入施工技能士

  7. 猫の健康管理インストラクター口コミ評判

  8. 資格

    夢占いアドバイザー認定試験口コミ評判

  9. 資格

    強化プラスチック成形技能士

資格ランキング