注目の記事 PICK UP!

土木施工管理技士(1級・2級)

資格

土木施工管理技士とは、建設業法にある「施工管理技士」という資格の一つで国家資格です。国土交通省が管轄となっており、土木工事現場の施工を管理する監督業務を行います。

〇土木施工管理技士とは?

土木施工管理技士とは国家資格であり、建設業法による施工管理技士の一つで土木工事現場を施工管理する技術者の者をいいます。種類は1級と2級があり、級によって現場の工事規模を扱いが異なってきます。現場においては主任技術者や監理技術者という責任者に任命されて施工計画を行い、工程管理・品質管理・安全管理等の施工管理を全般的に管理します。

〇土木施工管理技士試験の受験資格

土木施工管理技士試験には受験資格があります。

・2級土木施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後1年以上の実務経験、又は指定学科以外は1年6か月以上の実務経験
  2. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後2年以上の実務経験、又は指定学科以外は3年以上の実務経験
  3. 高等学校の指定学科を卒業後3年以上の実務経験、又は指定学科以外は4年6か月以上の実務経験
  4. 8年以上の実務経験

・1級土木施工管理技士

  1. 大学の指定学科を卒業後3年以上の実務経験、又は指定学科以外は4年6か月以上の実務経験
  2. 短期大学、高等専門学校の指定学科を卒業後5年以上の実務経験、又は指定学科以外は7年6か月以上の実務経験
  3. 高等学校の指定学科を卒業後10年以上の実務経験、又は指定学科以外は11年6か月以上の実務経験
  4. 15年以上の実務経験
  5. その他、2級土木施工管理技士として活躍した実務経験や主任技術者として経験年数を事業主の証明印があれば短縮出来ます。

〇土木施工管理技士試験

土木施工管理技士試験は、学科試験と実地試験があります。一般財団法人 全国建設研修センターが実施しています。

http://www.jctc.jp/

・2級土木施工管理技士:3種類あり、土木・鋼構造物塗装・薬液注入の中から実務経験で選択します。学科試験の合格率は40~60%前後、実地試験の合格率は20~40%前後となっています。

・1級土木施工管理技士:学科試験の合格率は40~60%前後、実地試験の合格率は20~40%前後となっています。実地試験は近年合格するのが厳しい数字になって来ています。

〇土木施工管理技士の仕事や報酬等

土木施工管理技士資格を取得しているほとんどが、建設会社に勤務している方です。平均年収は400万円~500万円程度となっています。大手ゼネコンに勤務している方であれば、年収は1,000万円クラスになるようです。ほとんどが地元の建設企業の中小企業に勤務しているケースがありますので、サラリーマンの平均年収と同等の報酬の状況となっています。

土木施工管理技士の資格を取ると、毎月の給与に反映される「資格手当」として支給しているケースが多いです。2級土木施工管理技士で5千円、1級土木施工管理技士で1万円等が多いようです。

また転職もかなり激しい業界です。土木分野で自分が好きな職種、例えば道路舗装会社から橋梁工事が主体の会社への職種転換、または中小企業の建設会社から勤務条件等を考慮して別の建設会社へ等、定着が厳しいようですが建設業界は無くなる業界では無いのでこの資格を保有していれば引く手あまたであることは事実です。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    タイル張り技能士

  2. 資格

    社会保険労務士

  3. 資格

    デッサン資格人気ランキング

  4. 資格

    測量士・測量士補

  5. 資格

    ベジスイーツマイスター口コミ評判

  6. 資格

    レストランサービス技能士

  7. 資格

    マンション管理士

  8. 資格

    空間デザイン資格人気ランキング

  9. 資格

    舞台機構調整技能士

資格ランキング