注目の記事 PICK UP!

測量士・測量士補

資格

測量士・測量士補とは、測量業者に勤務している者で測量法に基づいた国家資格です。測量業者が受注した仕事えお、測量に関する計画を作製するのが測量士で、測量士補は、測量士の作製した計画に従って測量に従事する者のことをいいます。

〇測量士・測量士補とは?

測量士・測量士補は測量法により定められた国家資格です。測量士法によって登録された測量士・測量士補である有資格者を測量業者は各営業所に1名配置しなければなりません。測量業者ではこの有資格者によって、測量による図面の作成や測量計画を行います。また測量業者は業者としての登録を5年毎に更新しなければなりません。

〇測量士・測量士補資格を有する者

測量士・測量士補の資格を有する者とは以下の通りです。

国土交通省・国土地理院 HPより

http://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN-sikentoroku.html#toroku1

・測量士補

  1. 測量士補の試験に合格した者。
  2. 大学や短期大学、高等専門学校で測量に関する単位を取得して卒業した者。
  3. 測量に関する養成施設で1年間の知識および技能教育を受けた者。

上記の資格を有する者は、測量士補名簿への登録をしなければ測量士補になれません。

・測量士

  1. 測量士の試験に合格した者。
  2. 大学や短期大学、高等専門学校で測量に関する単位を取得して卒業した者で、1年以上の実務経験を有する者。
  3. 測量に関する養成施設で1年間の知識および技能教育を受けた者で、2年以上の実務経験を有する者。

上記の資格を有する者は、測量士名簿への登録をしなければ測量士になれません。

〇測量士・測量士補試験

測量士・測量士補

国土交通省・国土地理院HPより

http://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm

・測量士補:毎年5月に実施されています。受験資格に制限は無く誰でも受験出来ます。試験はマークシート方式で行われ、全28問中18点で合格となっています。計算機の使用は認められません。合格率は20%~30%前後で推移しています。

・測量士:毎年5月に実施されています。午前試験と午後試験に分かれて実施されます。こちらの試験では計算機が利用出来ます。合格率は10%前後です。

〇測量士・測量士補としての仕事や報酬等

測量士・測量士補として登録されている方はかなりいます。大学や短大、高等専門学校にて測量の単位を取得してあるならば卒業と同時に測量士補登録が、実務経験1年以上で測量士登録が出来るからです。建設会社や測量会社等で、それぞれの専門分野で測量の技術を使って仕事をしています。土木学科を卒業したほとんどが測量士を所有しているということもあって、平均年収は400万円となっています。

測量業者に就職された方には、土地家屋調査士も目指す方がいます。仕事の延長線上で境界測量をして法務局に登記する作業等がある為に、ダブルライセンスで活躍されているようです。兼業での仕事をすることで年収も大幅にアップするようです。逆にいうと、土地家屋調査士を目指す為に、途中過程として土地家屋調査士試験の一部試験免除科目である測量士や測量士補試験を受ける方もいるようです。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    鋳造技能士

  2. 資格

    貴金属装身具製作技能士

  3. 資格

    漢方コーディネーター認定試験口コミ評判

  4. 資格

    移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育(つり上げ荷重1トン未満)

  5. 資格

    給水装置工事主任技術者

  6. 資格

    コンクリート圧送施工技能士

  7. 資格

    緑茶インストラクター認定試験口コミ評判

  8. 資格

    労働衛生コンサルタント

  9. 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判

資格ランキング