注目の記事 PICK UP!

建築士(一級建築士・二級建築士・木造建築士)

資格

建築士とは建築士法で定められた国家資格です。一級建築士・二級建築士・木造建築士の3資格があり、建築物の設計や工事の監理等を行う資格者をいいます。一級建築士を取得する方は独立して「一級建築士事務所」を掲げて活躍している方もいます。

〇建築士とは?

建築士は建築物の設計や工事の監理を行う設計のプロをいいます。建築士法によって認定された国家資格であり、現在は一級建築士・二級建築士・木造建築士があります。一番難易度が高い資格は一級建築士で全ての建築設計者が目指す資格となっています。一級建築士を取得してから独立をする設計士さんもいます。

〇建築士の種類

建築士の保有資格によって、設計出来る構造物が違ってきます。

・木造建築士:都道府県知事の免許を受けて、木造建築物の設計・工事監理等の業務を行うことが出来ます。

  1. 木造建築物が、延べ面積が100m²を超えるものを新築する場合においては、木造建築士以上の資格者でなければいけません。
  2. 木造建築物が延べ面積300m²以内で、2階以下の物を設計・工事監理が出来ます。

・二級建築士:都道府県知事の免許を受けて、木造住宅や鉄筋コンクリート造などの建物(延べ面積300m²以内のもの)等の一定規模以下の設計・工事監理等の業務を行うことが出来ます。

・一級建築士:国土交通大臣の免許を受け、一定規模以上の設計・工事監理等の業務を行うことが出来ます。

〇建築士の受験資格

建築士試験を受ける為には、受験資格をクリアしないといけません。

・木造建築士と二級建築士

  1. 国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業後に定められた実務経験を有する者
  2. 建築実務の経験が7年以上の者
  3. 建築設備士の有資格者

・一級建築士

  1. 国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業後に定められた実務経験を有する者
  2. 二級建築士・建築設備士としての建設実務が通算4年以上ある者

指定する建築科目を卒業した者ですが、大学か高等専門学校で建築課程を卒業した者は実務経験なしで二級建築士、あるいは木造建築士を受験出来ます。高校の建築課程を卒業した場合は実務経験3年以上となっています。

〇建築士試験

建築士試験は「公益財団法人 建築技術教育普及センター」にて実施しています。

http://www.jaeic.or.jp/

試験は年1回行われまして「学科試験」と「設計製図試験」を行います。「設計製図試験」は先に「学科試験」に合格しないと受験出来ません。なお前年度又は前々年度に「学科試験」に合格していれば、当年度の「学科の試験」は免除されて、直接「設計製図試験」を受けられます。

・木造建築士:合格率は40%程度となっています。

・二級建築士:合格率は20%程度となっています。

・一級建築士:合格率は10%程度となっています。

〇建築士の仕事や報酬等

建築士は設計のプロであり、一級建築士まで取得するとかなりの実績を積んでいるので報酬もアップします。賃金構造基本統計調査によると、一級建築士の有資格者で平均年収は約600万円ほどとなっています。もちろん勤務している会社によって違ってきますが、大手で500万円から800万円ほどと言われ、中小企業勤務ですと400万円~600万円ほどかと思われます。

 

個人で「一級建築士事務所」として開業独立するような場合には、起業当初は実績もないので大変苦しいでしょうが設計コンペ等の経験を積んていくことで年収数千万円も夢ではないでしょう。

 

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    心理カウンセラー・メンタル心理資格人気ランキング

  2. 資格

    第一種酸素欠乏危険作業の業務に係る特別教育

  3. 資格

    緑茶インストラクター認定試験口コミ評判

  4. 資格

    ガラス用フィルム施工技能士

  5. 資格

    キャリア・コンサルティング技能士

  6. 資格

    簡易架線集装置の運転または架線集材機械の運転の業務に係る特別教育

  7. 資格

    特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者

  8. 資格

    ビーズアクセサリー資格人気ランキング

  9. 資格

    情報配線施工技能士

資格ランキング