司法書士

司法書士とは、司法書士法による国家資格です。権利に関する登記の専門家として法人登記・不動産登記など法務局への手続き等を業務にしています。書類作成や法律手続きの代行として、町の中の法律専門家として個人事務所を開いて開業されている方がほとんどです。

〇司法書士とは?

司法書士法により定められている国家資格です。登記や供託の手続き、法務局等への官庁に提出する書類の作成を行うことが出来ます。土地を購入したり、建物を新築した際には不動産の所有権の登記が発生しますし、法人として会社を設立した際には法人登記が必要になります。さまざまな権利義務に関する登記については、司法書士に仕事をお願いします。

また、司法書士と同じような仕事として、不動産の土地を測量して登記をする「土地家屋調査士」と一緒に仕事をされる方やダブルライセンスを取って活躍している方もいらっしゃいます。

〇司法書士となる資格

司法書士になる資格を有するのは以下の通りです。

・司法書士試験に合格した者

・裁判所事務官・書記官、法務事務官・検察事務官として従事した実務経験が10年以上になる者

上記の資格を有する者が、日本司法書士会連合会の司法書士名簿に登録されることによって業務を行うことが出来ます。

〇司法書士試験

司法書士試験は、法務省が実施しています。筆記試験と口述試験によって行われます。

・筆記試験:毎年7月の第1日曜日に行われています。午前の部では、択一式で憲法・民法・商法(会社法)・刑法から出題されます。午後の部では、択一式で供託法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・司法書士法・不動産登記法・商業登記法からの出題と、記述式では不動産登記、商業登記から出題をされます。

・口述試験:毎年10月頃に出題されます。例年ほぼ合格率は10割となっていまして、形式的なものとなっているようです。

・合格率:平成27年度3.2%、平成26年度3.0%、平成25年度2.9%、平成24年度2.8%、平成23年度2.8%と3%前後を推移しています。

〇認定司法書士

司法書士は通常に業務に加えて、法務大臣の認定を受けた者は「認定司法書士」として目的の価額が140万円を超えないものに限って次の業務を行うことが出来ます。簡易訴訟代理等関係業務と呼ばれる認定業務です。

・簡易裁判所での民事訴訟手続の代理

・少額訴訟債権執行手続の代理

・ADR(裁判外紛争解決手続)の代理

・その他

上記の認定司法書士になる為には、簡易訴訟代理等認定考査試験に合格しないといけません。毎年6月第1日曜日に実施されて合格率は約6割となっています。

〇司法書士の仕事や報酬等

司法書士の平均年収は、開業している司法書士事務所で約600万円~700万円ほどと言われています。認定司法書士になると債務整理業務が増えるので1,000万円を超えるようになった司法書士さんもいらっしゃるようです。また独立開業をせずに、法務の専門職として企業に勤務する方もいらっしゃいます。また近年では弁護士事務所が運営している法律事務所でも司法書士資格のある者の採用を希望していることもあります。借金整理や過払い金請求の案件が増えている為に専門家を求人しているようです。

試験の関連記事
  • お菓子資格人気ランキング
  • 手づくりパン資格人気ランキング
  •  ぬか漬け資格人気ランキング 
  • はちみつ資格人気ランキング
  • 塩資格人気ランキング
  •  出汁資格人気ランキング
おすすめの記事
温泉観光資格人気ランキング
試験
全国津々浦々に点在している温泉は古くから私達日本人が親しんできたもので、娯楽としてだけではなく、病を治す目的、リフレッシュなど、人によって利...
焼酎資格人気ランキング
試験
あなたは焼酎について詳しい知識を持っていますか? 実は世の中には焼酎に関する資格があるんです。 どのように作られているのか、どんな歴史を持っ...
日曜大工スペシャリスト口コミ評判
試験
日曜大工スペシャリストとは? 日曜大工スペシャリストは、DIYに関する知識や技術を持った人に与えられる資格です。日曜大工は、DIYとも言い、...
ゴンドラの操作の業務に係る特別教育
試験
ゴンドラの操作の業務に係る特別教育は、建設業や製造業での労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対し...
再圧室の操作の業務に係る特別教育
試験
再圧室の操作の業務に係る特別教育は、建設業や製造業での労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して...
MOUS(MOS)資格試験
試験
MOS(MOUS)資格試験は、マイクロソフト社が認定するMicrosoft Officeというソフトに関する国際的な資格となっています。 〇...