注目の記事 PICK UP!

雇用管理責任者(介護事業所)

資格

介護事業所の場合、介護労働者の雇用改善の為に「雇用管理責任者」を選任する必要があります。「介護労働者雇用管理責任者」とも言います。「介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律」(以下、介護労働法)に基づいて雇用の改善の職務を実行していくのです。

〇介護労働者雇用管理責任者の職務内容

介護労働者雇用管理責任者の職務内容や役割として、以下のものがあります。

  1. 介護労働者の雇用管理の改善等に関する事項について、事業主の指示に基づき必要な措置を検討して実施をすること。
  2. 介護労働者の労働条件等の雇用管理に関し、介護労働者からの相談に応ずること。

〇介護労働者雇用管理責任者講習

介護労働者雇用管理責任者講習は、厚生労働省から委託された教育事業会社等が実施している講習会です。介護分野での事業所において労働者が働きやすく、事業所内で自主的に職場づくりを進めていくように、介護労働者の為の雇用管理責任者を選任して雇用管理について学ぶ講習となっています。受講料は無料で、テキストも全て無料提供されます。

・総合コース1科目:労働者の募集や採用、そして雇用上の事業所での管理方法、給与関係である賃金や労働時間、その他安全衛生問題等の雇用管理についての基本的事項を学んでいきます。

・専門コース5科目:人事管理、賃金管理、労働時間管理、安全衛生・健康管理の講義があります。

各科目3時間で構成されています。受講終了後に受講証明書を交付されます。

〇介護労働者雇用管理責任者の選任報告

介護労働者雇用管理責任者を事業所で選任した場合、管轄する労働局に報告をします。

公益財団法人 介護労働安全センターより、

http://www.kaigo-center.or.jp/jigyo/kanri_youshiki.html

様式「介護労働者雇用管理責任者選任(変更)届」を提出して、介護事業所の労働者に見やすい場所に責任者名を掲示します。

この提出をすることにより、法律に基づいて責任者を選任している証となり、介護事業所に対する「介護雇用管理制度等の導入奨励制度」を利用できます。そして介護労働者を一定の条件で雇用した等の際に利用出来る助成金制度の添付書類となります。

〇介護労働者雇用管理責任者選任された介護事業者への助成制度

介護労働者雇用管理責任者が選任されている介護事業所では、厚生労働省で雇用管理を改善する事業所として助成制度があります。

厚生労働省、雇用関係助成金HPより

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/

〇介護労働者雇用管理責任者の今後

今後、超高齢社会に突入していることを踏まえても介護事業所は増えていくものと想定されますし、介護事業に携わる労働者も益々増えていくでしょう。介護事業所の管理職としての一般的スキルも更に磨かれていかなければならず、専門的な知識を学ばせるべき責任者が更に必要となっていくものと思われます。介護労働者雇用管理責任者としての責任感とその役割も今後更に必要性を増すものと思われます。

賃金体系では、無料で研修に参加しにいく講習会ですから資格手当等はつかないと考えられます。あくまでも役職手当の中に含まれた仕事の一環として研修を受けに行って、労務管理を学ぶ為に自分磨きをしてまいりましょう。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    さく井技能士

  2. マクロビ健康フードインストラクター口コミ評判

  3. 資格

    キャリア・コンサルティング技能士

  4. 資格

    写真技能士

  5. 資格

    CAD資格人気ランキング

  6. 資格

    印刷技能士

  7. 資格

    仕上げ技能士

  8. 資格

    インテリアコーディネーター

  9. 資格

    整理収納アドバイザー

資格ランキング