注目の記事 PICK UP!

ファイナンシャル・プランニング技能士 1級・2級・3級

資格

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、「職業能力開発促進法」で認められた国家資格で、現在1級・2級・3級とあります。社会人の中には名刺等で確認しますと、氏名の横や肩書の箇所に「〇級ファイナンシャル・プランニング技能士」を記載してあるので資格保有者であることがわかります。

 

〇ファイナンシャル・プランニング技能士とは?

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、個人の顧客からの要望により、金融・不動産・保険や相続等のお金に関する相談について的確にアドバイス業務を行うことが出来る資格です。世間一般的には相談業務をしている方やテレビのコメンテーター、新聞やネットでの執筆者を「ファイナンシャル・プランナー」と呼ぶことが多く、こちらの名称の方が認知度が高いです。

 

ファイナンシャル・プランニング技能士と比較される資格とされるのが、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が主催しているAFP資格やその上級資格であるCFP®資格です。この場合には名刺等に「ファイナンシャル・プランナー AFP」又は「ファイナンシャル・プランナー CFP®」と記載されています。

〇ファイナンシャル・プランニング技能士試験

国から技能検定の指定試験機関として認定されているのが下記の2団体です。どちらの試験機関で資格を取っても、優劣等は全くありません。書店等で自分に合うと感じた試験機関で受験されればよろしいと思います。

・一般財団法人 金融財政事情研究会(以下「きんざい」)

http://www.kinzai.or.jp/

・NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下「日本FP協会」)

https://www.jafp.or.jp/

 

〇ファイナンシャル・プランニング技能士の受験資格

ファイナンシャル・プランニング技能士試験には1級・2級・3級とありますが、以下のように受験資格が定められています。

・3級

  1. FP業務に従事している者
  2. FP業務にこれから従事しようとする者

・2級

  1. 3級の合格者
  2. 実務経験2年以上の者
  3. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者(資格学校や通信教育講座等で講座を修了すると認定してくれますので、実務経験が無くても2級から受験することが出来ます。)

・1級(学科)

  1. 2級の合格者で実務経験1年以上
  2. 実務経験5年以上
  3. 金融渉外技能審査2級の合格者で実務経験1年以上の者

・1級(実技)

  1. 1級学科試験の合格者
  2. 日本FP協会のCFP®試験合格者及びCFP®認定者
  3. きんざいのFP養成コース修了者

 

〇ファイナンシャル・プランニング技能士試験の合格率

2団体の試験によって多少合格率が違います。

・日本FP協会

  1. 3級:80%前後
  2. 2級:30~40%前後
  3. 1級(学科):CFP®試験合格者は免除されます。
  4. 1級(実技):95%前後

・きんざい

  1. 3級:60~70%前後
  2. 2級:30~40%前後
  3. 1級(学科):8~12%前後
  4. 1級(実技):80%前後

上記統計からだけを見れば、日本FP協会の合格率が高いのでこちらの試験機関で受験した方がお得かなと感じてしまうかもしれません。実は1級(学科)試験が免除されているCFP®試験は全部で6科目も受験しないといけませんので、大変な労力が必要です。

 

〇ファイナンシャル・プランニング技能士の仕事上での報酬

ファイナンシャル・プランニング技能士の2級あるいは1級を取得しますと、資格手当を毎月給与に支給してくれる会社もあるようです。また現在では持っていて当たり前という企業風土がある会社もあり、資格を取ることは必然的に迫られている方も多いようです。

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    粉じん作業に係る特別教育

  2. 資格

    日本茶・お茶資格人気ランキング

  3. 資格

    エクステリア心理アドバイザー認定試験口コミ評判

  4. 資格

    時計修理技能士

  5. 資格

    製版技能士

  6. 資格

    不動産鑑定士

  7. 資格

    配管技能士

  8. 資格

    韓国語能力試験

  9. 資格

    ウェブデザイン技能士

資格ランキング