注目の記事 PICK UP!

安全衛生推進者・衛生推進者

資格

事業所の労働者が常時50人以上の場合には、「安全管理者」や「衛生管理者」等の資格を有する者を選任する義務が生じることはよく知られています。しかしながら労働者が50人未満の事業場でも労働災害に関する責任者として「安全衛生推進者」もしくは「衛生推進者」を選任しなければならないのです。

〇安全衛生推進者・衛生推進者を選任すべき事業場

安全衛生推進者や衛生推進者を選任しなければならない事業場とは、労働者が常時10人以上50人未満の場合に選任義務が生じます。それぞれ業種によって選任すべき者が変わってきます。

・安全衛生推進者:林業・鉱業・建設業・運送業・清掃業の屋外業務と、製造業・商品小売業・旅館業・自動車整備業・機械修理業等の屋内工業的業種

・衛生推進者:上記以外の事業所全て

本社以外にも営業所や工場等、作業する場所が違っている場合にはその事業場単位で安全衛生推進者か衛生推進者を選任しなければいけないのですが、本社単位でカウントしてしまうので選任していない事業場がいるようなのです。労働基準監督署の指導事項にもなっているようですから事業所としてご確認が必要です。

〇安全衛生推進者・衛生推進者がすべき業務内容

安全衛生推進者・衛生推進者に選任された者は、以下のような実務をしなければなりません。また選任された者は労働基準監督署への報告義務はありませんが、事業場内の労働者が見やすい場所に掲示して責任者の氏名を周知させる必要があります。

・安全衛生推進者

(1)労働者の危害防止・健康障害防止をする為の措置

(2)労働者の安全又は衛生の為の教育を実施すること

(3)健康診断の実施や健康保持増進の措置を講じること

(4)労働災害の原因や調査・再発防止を講じること

・衛生推進者

(1)労働者の健康障害防止をする為の措置

(2)労働者の衛生の為の教育を実施すること

(3)健康診断の実施や健康保持増進の措置を講じること

(4)労働災害の原因や調査・再発防止を講じること

〇安全衛生推進者・衛生推進者の資格要件

安全衛生推進者・衛生推進者を選任する事業場では、下記要件から資格を有する者を選ばなければなりません。

・大学・短大・高等専門学校卒業者で1年以上の安全衛生実務がある者

・高等学校卒業者で3年以上の安全衛生実務がある者

・5年以上の安全衛生実務がある者

・労働安全コンサルタント又は労働衛生コンサルタントの資格を有する者

・厚生労働省労働基準局長が定める講習会への参加修了者

つまり、実務経験で資格を有することが出来る者となります。ところが実務経験で資格を有する者となったとしてもOJTで学んだことが多い事業場ではマニュアルや安全手引き書もあっても経験がなく、実際にどのような労働災害防止の措置を取るべきなのか責任者に任命された者も判断できないケースが出てきます。そこで厚生労働省労働基準局長が定める講習会への参加をされる方もいらっしゃるようです。

〇安全衛生推進者・衛生推進者選任時研修

事業場が加盟している各種団体や地域の労働基準協会等で研修会を随時行っています。

・安全衛生推進者選任時研修:2日間程度の研修会です。

・衛生推進者選任時研修:1日間程度の研修会です。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    左官技能士

  2. 資格

    国連英検

  3. 資格

    建具製作技能士

  4. 資格

    不当要求防止責任者

  5. 手相資格人気ランキング

  6. 資格

    食品衛生管理者

  7. 資格

    心のケアのスキルを認定する日本アロマメディカル心理セラピー協会の口コミ評判

  8. 資格

    筋トレインストラクター認定試験口コミ評判

  9. 資格

    中小企業診断士

資格ランキング