注目の記事 PICK UP!

食育資格人気ランキング

資格

現代社会では、特に家庭教育はこれから最重要な課題になるので、食育資格は今一番多数の人材が必要な資格と言われています。

1位 食育健康アドバイザー

一般的な家庭での食事に関する総合的な知識、それに伴った最低限基礎的な調理技術や、幼児教育や教育課程で必要な食事知識を指導する立場のアドバイザーです。食育基本法という国が定めた法律により、近年問題となっている家庭での一家だんらんの食事についてや、しつけ、栄養などの知識を持った民間資格所有者が、食育健康アドバイザーです。単に、知識として「3食しっかりとる」とか「栄養のバランス」などの知識だけではなく、安全な食材や食生活の見直し、健康管理から養育に関する、ほぼ全域をカバーしています。先進国として進んだ核家族の家庭では、どうしても共働きなどで、子供の健康や食事が原因で「個食」や「孤食」といった、食生活になりがちです。あらゆる調理や料理、あるいは健康管理が必要となる施設では、今一番必要とされる資格となっているでしょう。

2位 管理健康栄養インストラクター

普段の料理に関して、特に調理と食材の栄養学の知識を詳しく持つのが、管理健康栄養インストラクターです。消化に関する酵素や、腸内細菌、食材の持つ雑菌や衛生、食品表示の知識なども詳しい民間資格の一つです。国家資格である栄養士程の知識ではありませんが、それに準じたものであり、管理栄養士、栄養士の必要最低限の基礎的な部分を学んでいることになります。職業では自営の食事付のカフェや、小さな料理教室や料理研究家などでは、所得しておいた方が、その立場が他者から見られても安心という事は言えるでしょう。栄養に関する知識としては、非常に覚えることも多く、学習としては少々大変かもしれません。

3位 食育インストラクター

食育とは幼児教育から低学年の児童から、思春期までの義務教育などで、しつけと同時に必要となる、最低限の食事マナーや、本人自身の食への正しい知識と理解を深めるためにあります。共働きで、子供が家で一人で食事する時はインスタントや、お菓子や栄養の偏った子供の好みに任せた食事にするのは健康と子供の成長には良くありません。食事を通じて、簡単な調理や食材の知識、正しい食生活を子供に周知、習慣とさせるために国が法整備を行ったのが「食育」です。インストラクターとは、その基本姿勢や考え方を指導するもので、一般の人でもそうした指導を他人に教えることが出来る民間資格という事になります。インストラクターは、基礎的な知識と総合的な食育の概念を理解し、それを他者にキチンと伝えられる立場が、食育インストラクターとなります。

4位 食育アドバイザー

食育健康アドバイザーと食育アドバイザーの違いは、幅広い分野、しつけも含めた総合教育を行える食育健康アドバイザーに比べ、やや知識の幅は狭いです。それよりも比較的、日常的な食育について一般家庭にアドバイス出来る立場の民間資格という事が出来るでしょう。子供の成長における栄養学や調理法他、しつけやマナーについては基本的な知識を身に着けていることになります。資格としては学ぶのは総合的な基本知識なので、食育について学ぶのなら登竜門と言えるかもしれません。食育アドバイザーとは、一般家庭向けに日常の家族のだんらんの中にある、食事風景、食事の在り方をアドバイス出来る立場の資格所有者です。

5位 食育メニュープランナー

現代の若い世代の一般家庭で問題となって浮上してるのは、子供が普段の食事で家族とは孤立して一人で食事をする光景が目立つことです。幼児から思春期前の子供の場合は、食事に関する知識も未熟なので、正しい食事のマナー、キチンとおかず、主食などのバランスは親が基礎から教える必要があります。その両親に対して、普段の献立などの手助けを行うのが、食育メニュープランナーの仕事となります。つまり、食育に役立つ献立を提案できるプランナーです。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    盆栽クリエイター口コミ評判

  2. 資格

    特定社会保険労務士

  3. 資格

    ビジネスマネージメント認定試験口コミ評判

  4. 資格

    日本漢字能力検定

  5. 資格

    陶磁器製造技能士

  6. 資格

    みそ製造技能士

  7. 資格

    粉末冶金技能士

  8. 資格

    印刷技能士

  9. 資格

    製版技能士

資格ランキング