注目の記事 PICK UP!

紅茶資格人気ランキンフ

資格

紅茶を飲む習慣が生まれたのはイギリスの宮廷からとされているだけに、ほかの飲み物とは違う、ちょっとぜいたくで優雅な趣が感じられます。それだけでなく、紅茶にはビタミン類やミネラルが多く含まれていて健康効果も高いことから、時代を超えて愛飲されてきました。そんな紅茶についてもっと深く知りたい、ティールームを開店したいという人のために紅茶関連の資格が数多く設けられています。そのうちのとくに人気のある資格を紹介します。

1位 紅茶アドバイザー

ダージリンやアッサムなど数多い茶葉の種類と産地、等級、効能、おいしい淹れ方、カップとソーサーなど、紅茶の基礎知識を身につけている人が対象です。紅茶の飲み方には、茶葉本来の味をそのまま楽しむストレートティーや、複数の茶葉をミックスしたブレンドティー、ベースとなる茶葉にフルーツやハーブを使って着香するフレバ―ティなどがあり、そうしたスタイルについてもマスターしておく必要があります。趣味として紅茶を極めたいという女性に人気の資格です。

主催:日本安全食料料理協会。受験料:1万円。在宅受験。

2位 紅茶マイスター

カフェや紅茶専門店、レストランなど紅茶を扱う飲食店のオーナー、あるいはこれから開業を考えている人に有用な資格です。開業にあたっての事業計画から、開店までのノウハウ、マーケティング戦略、店舗内の設備、開業後の運営まで、オーナーとして必要な知識を問われる試験です。資格取得後は、教室を開いたり、カルチャースクールで講師として活動することもできます。

主催:日本安全食料料理協会。受験料:1万円。在宅受験。

3位 紅茶コーディネーター

茶葉やおいしい淹れ方などの基礎的な知識だけでなく、紅茶に合うお菓子や料理などのティーフードの作り方、ティーパーティのセッティングなど、紅茶を総合的にコーディネートする技術を身につけた人が対象です。紅茶を極めたい人だけでなく、パウンドケーキやマドレーヌなどの焼き菓子作りに興味がある人にも人気があります。資格取得後は、ティールームやお菓子教室を開講する人も少なくありません。

主催:日本創芸教室。受講料:6万2千円。

4位 ティーインストラクター

ジュニア、シニア、マスターの3段階に分かれています。まず、年間40単位(紅茶学、講習会の手順、ティーテイスティング、紅茶製造、紅茶関連講座など計5項目)を習得し、試験に合格するとインストラクター(ジュニア)と認定されます。ジュニア資格取得後、5年以上の実務経験と協会が定める受験資格をもつ人を対象とする試験に合格するとインストラクター(シニア)と認定されます。さらに10年以上の実務経験をもち、協会の定める認定基準をクリアした人で、人格、識見、実績が公正と認められた場合にティーインストラクター(マスター)として、資格認定証書が授与されます。

主催:日本紅茶協会。受験料:1万円。

5位:ティーコーディネーター

紅茶メーカーのリプトンが紅茶の普及活動の一環として設けた認定資格です。これを受けるには、銀座に開校されたリプトンティースクールで受講することが条件です。初めにベーシッククラスで基本的なことを修得し、次にサーティフィケートクラスで専門的な知識と技術を身につけていきます。このコースで規定の単位を履修するとティーコーディネーターとして認定されます。

受講料:ベーシッククラス19,000円~。

6位 ティースペシャリスト

紅茶葉の産地や種類などの基礎知識と、ストレートティー、ミルクティー、アイスティーなどをおいしく淹れる技術をマスターした人が対象です。受験資格は下記協会の講座を受け、全講座を修了した人限定です。

主催:日本能力開発推進協会。受験料:5,600円。在宅受験。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    手相鑑定士認定試験口コミ評判

  2. 資格

    油圧装置調整技能士

  3. 資格

    建築施工管理技士(1級・2級)

  4. 資格

    健康リフレクソロジーインストラクター認定試験口コミ評判

  5. 資格

    弁護士

  6. 資格

    コンクリート破砕器作業主任者

  7. 資格

    自動販売機調整技能士

  8. 資格

    キッチン心理カウンセラー認定試験口コミ評判

  9. 資格

    畳製作技能士

資格ランキング