注目の記事 PICK UP!

睡眠・快眠・安眠資格人気ランキング

資格

睡眠障害の原因は仕事のストレスや人間関係のトラブルなどいろいろありますが、本質的な問題は生体リズムの乱れであることがわかっています。このリズムをうまくコントロールすることができれば質のよい睡眠が得られるとして、さまざまな施術法やケアのしかたが生み出されています。睡眠に関する資格も各種設けられていますが、その中でも注目の資格を紹介します。

1位 美快眠セラピスト

入眠から覚醒までのメカニズムや、現代社会における睡眠障害の実態を理解し、快眠へ導くことが可能な知識と治療法を修得した人に与えられる資格とされています。美快眠セラピストの実際の仕事は、クライアント(患者)とのカウンセリングを通して睡眠障害の原因を探っていきます。ストレスが大きく関与していればその対策を、枕や照明など寝室環境がかかわっていればそれに応じた提案を行い、患者自身でセルフケアができるように指導します。資格取得者は、不眠の専門サロン、心療内科や精神科などの医療機関、寝具販売店などでセラピストとして活動することができます。

主催:日本アロマメディカル心理セラピー。受験料:10,000円。在宅受験。

2位 安眠インストラクター

老化防止や肌の修復などに必要な成長ホルモンが分泌されるのは、夜中の1時~2時ごろです。この時間帯に快眠が得られれば心身はベストのコンディションを保つことができます。安眠インストラクターは、眠りの面から健康と美容を維持する知識を修得した人に与えられる資格です。睡眠障害の原因には、心理的なものや身体的なもの、環境的なものなどがあり、それらを見極めて適切に対応できる知識が求められます。資格取得後は、カルチャースクールで講師活動をしたり、自分でサロンを開いて指導したりすることができます。

主催:日本インストラクター協会。受験料:10,000円。在宅受験。

3位 CSAおねむりレクチャー認定講師

以前はCSAスリープケアインストラクターという名称でしたが、2016年にこの名称に変更されたものです。この資格は、下記協会の講座を受け、足裏快眠法やリラクゼーション効果のあるアロマグッズの作り方などをマスターした人に与えられるものです。初級、2級、1級があり、初級は実技とセミナー、2級と1級は実技とセミナーに試験が加わります。講師の経験がない人でも資格をすぐに役立てられるような講座内容になっているため、取得後は企業や行政などで講師活動をしたり、おねむり先生として保育園・幼稚園、小中学校で活動することが可能です。

主催:社団法人日本快眠協会。受講料:2級は30,000円。1級は60,000円。

4位 睡眠健康指導士

睡眠健康指導士とは、正しい睡眠の知識を社会に広め、健康増進に寄与することのできる人材を養成することを目的として設けられた資格制度で、初級と上級の2つのランクがあります。初級は、下記の機構が開催する講座で大学教授など専門家の講義を受けます。修了後に認定試験を受け、合格した人は睡眠健康指導士として登録され、同時に日本睡眠教育機構の「賛助会員」としても登録されることになります。会員の現在の職業を見ると、医師や寝具販売をはじめ、看護師、介護士、薬剤師、市町村保健課職員など多岐にわたっています。

主催:社団法人日本睡眠教育機構。受講料:学生は11,000円。一般は22,000円。

5位 CSAスリープケアセラピスト

眠れる体づくりに必要な施術法の1つとして、下記の協会が独自に編み出したリラクゼーション技術を修得した人に与えられる資格です。資格取得後は独立開業したり、協会の認定する教室で講師として活動することもできます。

主催:社団法人日本快眠協会。受験料:10,000円。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    食の資格!日本安全食料料理協会の口コミ評判

  2. 資格

    デリックの運転の業務に係る特別教育(つり上げ荷重5トン未満)

  3. 資格

    産業用ロボツトの検査等の業務に係る特別教育

  4. 資格

    機械・プラント製図技能士

  5. 資格

    タロットカード占いインストラクター認定試験口コミ評判

  6. 資格

    建築大工技能士

  7. リフレクソロジー・つぼ資格人気ランキング

  8. 資格

    水産練り製品製造技能士

  9. 資格

    POP広告・デザイン資格人気ランキング

資格ランキング