注目の記事 PICK UP!

発酵食品資格人気ランキング

納豆やヨーグルト、お酒など私たち人間の周りには様々な発酵食品があります。
日本には特に伝統的な発酵職が多く何気なく使っているみりんやお酢も発酵食品の仲間という事を知っていますか?

今回紹介する資格は発酵食品に認定資格です。
今まで知らなかったようなディープな専門的な知識を身に着ける事で職業に活かすことも出来ますし、趣味として発酵食品を作ることも出来ます。
普段の料理のアイディアに発酵食品を加えることで今まで考えたこともなかった料理が出来ることもあるので仕事に活かすためにも、趣味で使うためにも資格を取得してみませんか?

1位 発酵食健康アドバイザー

発酵食健康アドバイザーは日本インストラクター協会が主催している認定試験に合格することで与えられる資格です。
発酵食品や発酵食品を使って作られている料理に関する知識を身に着けていることが証明されます。

発酵食品を作る過程や歴史、菌の働きなどに関して熟知し美容や健康にどのように活かすことが出来るかなど発酵食品の深い知識を認識する必要があります。

納豆菌を始めとする様々な菌の特徴や働きを知り自分の生活とどのように関わっているか知ることが出来るので発酵食品に興味がある人は将来、美容や健康に発酵食品を活かしたいという人がオススメです。
非常に有意義な認定資格なので取得をオススメします。

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

2位 有機美容発酵食品マイスター

有機美容発酵食品マイスターは日本食料料理協会が主催する認定試験に合格することで与えられる資格です。
発酵食品に関する幅広い知識を有していることが証明されるので発酵食品に携わった職業に就くときに有利に活かすことが出来ます。

資格取得の際には受験料1万円が必要になりますが数ある認定資格の中でも非常に安い受験料なので気軽に試験を受けることが出来ます。
インターネットで受験申込をして在宅でのんびりと試験を受けることが出来るので緊張せずに自分の知識を発揮することが出来ます。
資格取得後も非常に広い資格なので仕事に悩んでいる人は有機美容発酵食品マイスターの資格を取得して人生の選択肢を増やしてみませんか?

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

3位 健康食コーディネーター

健康食コーディネーターは日本健康食品科学アカデミーが認定している資格です。
発酵食品をはじめとする健康食に関する知識を身に着けていることが証明され資格取得後にはその知識を活かしてカルチャースクールなどで講師活動をすることが出来ます。

健康食品メーカーで資格取得の際に得た知識を使って研究に力を貸すことも出来ると思うので非常に有意義な認定資格だと思います。
ちょっとでも興味のある人はホームページをのぞいてみませんか?

4位 発酵マイスター

発酵マイスターは日本発酵文化協会が認定している発酵職に関する認定資格です。
資格を取得することにより発行に関する基礎知識を学んでいることを証明することが出来ます。

資格取得後には発酵職に関係する職業に携わる際に資格が有利に働くことが多く研究職に就くことも出来ます。
一見地味な資格ですが有利に働く場面が多いので是非資格取得をすることをお勧めします。

【費用】14万円ほど

5位 発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリストはホールフード協会が主催している通信講座を受講することで得る事が出来る認定資格です。
受験料は1位や2位の資格と比べると少々高いものになっていますが発酵職に関するプロが教える正しい知識を深く学ぶことが出来るので発酵職に関する理解を深めたい人はこの資格の取得をオススメします。

【費用】36000円

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. ブリーダー資格人気ランキング

  2. 健康西洋料理インストラクター口コミ評判

  3. 資格

    健康リフレクソロジーインストラクター認定試験口コミ評判

  4. 資格

    ピアノ調律技能士

  5. 資格

    保育士

  6. 資格

    電気機器組立て技能士

  7. 資格

    CAD資格人気ランキング

  8. 美健康食品マイスター口コミ評判

  9. 資格

    幼児食マイスター認定試験口コミ評判

資格ランキング