注目の記事 PICK UP!

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

資格

ドックトレーニングというと、一般的には大型犬種や使役犬や警察犬の「訓練」を想像することがありますが、犬という動物は群れで生活することを好みます。家族の中で例え犬が、飼い主にとっての「家族」でも犬にとっては、それが自分の「群れ」になります。一方で人間社会は、人にとっての「群れのルール」という道徳や常識があります。これを犬に理解させるのが、ドックトレーニングの資格となります。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

家庭犬の歩行訓練や、飼い主の指示に従うように犬のトレーニング方法を飼い主さんに教えるのがその仕事となります。現在非常に需要が高くなってる資格で、またこうした訓練は公共に関するもの以外は、すべて民間資格なので、副業としても有利な資格だと言えるでしょう。

2位 犬のしつけインストラクター

この犬のしつけインストラクターとは、家庭の小型犬から大型犬まで、基礎的な「お座り」とか、「待て」などの犬を自由にコントロールすることをアドバイスする資格所有者です。犬のしつけは、犬の飼い主さんが独自でやることが多いのですが、本来基礎的な知識はあまりご存じないケースが大半です。
また、犬のしつけは間違えれば動物虐待にもつながるので、正しい犬の扱い方を知る意味では、犬のしつけインストラクターは、非常に活躍の場がこれから増えていくでしょう。
全般的には歩行訓練もありますが、どちらかと言えば室内でのトレーニングがメインとなります。活躍の場は、ドッグラン施設のイベントや、ペットショップなどの店員などの販売促進、あるいはペット関係のコラムなどで知識を使った仕事などを得ることができます。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

普通は、元警察犬トレーナーや、盲導犬トレーナーなどの副業や、退職後の新たな仕事として、この家庭犬ドッグトレーナーになってるケースが多いです。しかし、年々その数を減らしてきているので、今は独自に家庭犬専門のドッグトレーナーは需要を完全には満たしていないでしょう。そこで、この家庭犬ドッグトレーナーは、様々な種類の犬の特性を理解し、犬の基本的な習性を理解していなくてはなりません。
訓練経験も問われますし、何より一般家庭の犬を預かり、訓練するのでそれなりの経験も豊富である必要があります。今現役のドッグトレーナーは、人手不足で需要を完全には満たしていません。ハードルの決して低くない資格で、その後もその技術と経験を磨く必要がありますが、将来性のある資格であることは間違いないでしょう。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSA認定とは、日本キャリア教育技能検定協会が主催する、動物看護士やトリマー、動物トレーナーなど、多数のペットに関する職業に必要な資格を提供しています。いわば、ペットに関する資格を与える民間団体認定ということです。
ドックトリマーとは、非常に古くから愛玩犬を中心に、女性が手に職を付ける意味で昔から人気が高い職業です。小型愛玩犬では、定期的に被毛をカットするだけではなく、元は改良品種なので、病気なども防ぐ意味で、ヘルスケアの役割もトリマーには要求されます。資格所得後の活躍は、やはり現代ではペットショップ併設の犬のトリミングです。資格と経験があれば、報酬額も上がる職業なので人気が高いです。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

JCFAのドッグトレーナー、そのライセンスを所得出来る認定試験です。民間資格で、様々な団体がライセンスを提供していますが、JSCAはその中でも、動物専門の資格に特化しています。ドッグトレーナーは、今では個人で独立して、各種犬のイベントやあるいは講師として、個人で受注し家庭犬のしつけや歩行訓練などを行います。これも、独立して事業を立ち上げるには必要な資格で、これからもっと需要が高くなるのはもはや必然です。必要な知識は全犬種に及びますが、犬好きならこの資格所得は非常に有益であると言えるでしょう。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    電子機器組立て技能士

  2. 資格

    整理収納アドバイザー

  3. 資格

    海事代理士

  4. 資格

    アルミニウム陽極酸化処理技能士

  5. 資格

    コーヒー・カフェ資格ランキング

  6. 資格

    左官技能士

  7. 資格

    製版技能士

  8. 資格

    車両系建設機械(基礎工事用)作業装置の操作の業務に係る特別教育

  9. 資格

    情報配線施工技能士

資格ランキング