注目の記事 PICK UP!

洋食資格人気ランキング

あなたはどの国のご飯が好きですか?
日本食や中華など好きな食事が沢山あると思いますが今回は洋食に関する資格を紹介したいと思います。

実は世間には洋食に関する検定や認定資格など様々な資格が用意されており、それらを活かして洋食に関する仕事に携わっている人が多くいます。
調理師や栄養士だけが料理関係の資格だと思われていますがもっと幅広く資格は用意されています。
今回は洋食に関する人気の資格を紹介させて頂くので自分が取得したいと思うものを選んでみてください。

1位 洋食エキスパート

洋食エキスパートは日本安全食料料理協会が主催する認定試験に合格することで与えられる資格です。

洋食の歴史から洋食で使用する道具の知識、調味料から食事マナーなど洋食に関する知識を身に着けていることを証明される資格です。
資格を取得するためには試験の7割以上の評価が必要ですが通信教育のカリキュラムの過程の中でしっかりと基礎知識を身に着けておくことで問題なく到達することが出来る点数だと思います。
合格の難易度は決して高くはありませんが舐めてかかると、資格が取得できないなんて言う悲しいケースもあるのでしっかりと基礎から洋食について学びましょう。

資格取得後には洋食エキスパートとして活動することが出来カルチャースクールでの講師活動が主な仕事内容になると思います。
趣味にも仕事にも活かすことが出来るので洋食好きは資格取得をオススメします。

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

2位 健康西洋料理インストラクター

健康西洋料理インストラクターは日本インストラクター協会が主催している認定試験に合格することで与えられる資格です。

洋食に使われる食材や食材の相性、調理方法からテーブルマナーなど一般常識と思われている範囲からディープな専門知識まで様式に関する知識を身に着けることができる認定資格です。
様々なレシピをマスターしている必要がありオムライスやハンバーグ、ビーフシチューなどの基本的な洋食が作れる人であれば合格が近づく資格だと思います。

資格取得後には自宅でカルチャースクールの講師活動をすることも出来ます。普段から趣味で料理を楽しんでいる人は洋食に関する知識を深めることによって今まで以上に調理を楽しむことが出来るようになるので仕事でも趣味としても活かすことが出来るオススメの認定資格です。

【受験資格】ありません
【受験料】10,000円(税込み)
【受験申込方法】インターネットより可能
【受験方法】在宅受験
【合格基準】試験のうち70%以上の評価

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

西洋料理テーブルマナー講師認定は日本ホテル・レストランサービス技能協会が主催している認定制度です。
西洋料理のテーブルマナーに関する深い知識を知っていることが認定されることによって証明されます。

ホテルのウェイトレスとして働きたいという希望がある人はこちらの資格を取得しておくことで将来なりたい職業に近づくことが出来ます。
受講料は1位、2位の資格と比べて高くなっています。
西洋料理よりも西洋料理のテーブルマナーに重点を置いた認定資格です。
料理について知りたい人は1位か2位の資格取得を目指しましょう。

【年齢制限】28歳以上(その他にも細かい条件があります)
【費用】27000円

4位 フードスタイリスト

フードスタイリストは日本フードライセンス国際協会が主催する認定資格制度です。
ライセンスには3級から1級までの等級が用意されており上位になればなるほど難易度が上がりますが料理を美しく見せる技術の向上につなげることが出来るので取得のし甲斐がある認定資格だと思います。
取得しておくことで料理上手な人間になることが出来るので他人からの評価を上げるために取得する人が増えています。

【試験費用】20000円
【認定登録料】20000円

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    イタリア語能力検定試験(PLIDA)

  2. 資格

    産業車両整備技能士

  3. 資格

    衛生工学衛生管理者

  4. 資格

    心理カウンセラー・メンタル心理資格人気ランキング

  5. 資格

    調理師

  6. 発酵食品資格人気ランキング

  7. 資格

    衛生管理者

  8. 資格

    日本茶・お茶資格人気ランキング

  9. 資格

    金属プレス加工技能士

資格ランキング