注目の記事 PICK UP!

採石のための掘削作業主任者

資格

採石のための掘削作業主任者とは、労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して事業者が一定の技能講習を受講させることによって就業制限をさせています。この技能講習を受講することによって就業が可能な作業主任者(国家資格)として業務を行なうことができます。この労働安全衛生法の「技能講習」は、職業能力開発促進法の「技能検定(国家資格)」とよく間違えられますがまったく違う資格となっています。

〇採石のための掘削作業主任者について

採石のための掘削作業主任者は、「労働安全衛生規則・第14条」に記載されている業務の一つで、この就業をさせる場合においては必ず技能講習の研修を事業者が労働者に受講させなければなりません。

そしてその作業現場にて、技能講習を受講してきた「作業主任者」を選任した場合には、事業主は「作業主任者」の氏名とその者に行わせる事項等を作業場の見やすい箇所に掲示して、その場所で働いている関係労働者に周知させなければならないのです。

そして以下の職務を遂行させます。

  1. 作業の直接指揮
  2. 使用する機械等の点検
  3. 機械等に異常を認めたときの必要な措置
  4. 安全装置等の使用状況の監視等

厚生労働省:職場のあんぜんサイト(作業主任者)より

http://anzeninfo.mhlw.go.jp/yougo/yougo34_1.html

〇採石のための掘削作業主任者技能講習

採石のための掘削作業主任者技能講習は、都道府県労働局長登録教習機関にて行われています。技能講習終了後には、受講者には「技能講習修了証明書」が交付されます。

厚生労働省:技能講習終了証明書発行のお知らせより

http://anzeninfo.mhlw.go.jp/gino/

なお現在の技能講習は42あります。厚生労働省:技能講習名称一覧表より

http://anzeninfo.mhlw.go.jp/gino/meishou.html

  • 講習内容:採石のための掘削作業主任者技能講習規程で規定されています。
  • 開催日程:研修機関にて2日間で実施されます。
  • 受講資格:18歳以上で3年以上当該業務に従事した経験を有する者や、専門課程学校を卒業した者、厚生労働大臣が定めた者等となっています。
  • 試験等:技能講習終了後に簡単な試験を行われます。ほぼ研修を受けている者であれば合格ラインを取れます(各科目の得点が満点中40%以上の得点率で、全科目の合計得点が満点中60%以上の得点率)
  • 履修科目:以下の科目があります。
    1. 岩石の種類、岩石の採取のための掘削の方法等に関する知識
    2. 設備、機械、器具、作業環境等に関する知識
    3. 作業者に対する教育等に関する知識
    4. 関係法令
    5. 修了試験

〇採石のための掘削作業主任者の仕事内容等

採石のための掘削作業主任者が業務に係る作業には、この技能講習研修が必要となります。技能講習を修了していない者に対して事業者が誤った作業指示等を行うと、事故や労働災害等の重大な災害要因にもつながる可能性もあります。ですから事業者としては仕事上、労働者である従業員にこの業務をさせる場合には、必ずこの作業主任者の資格である技能講習を受講させる必要があるのです。

採石のため掘削高さ2メートル以上の採石作業の場合においては事業者は作業主任者を選任する義務があります。選任された作業主任者は土砂崩壊等による労働災害防止の為に監督業務を行なっていきます。

この作業主任者以外にも実務や現場に応じて更に別の資格を会社から要求されることと思われます。労働安全衛生法に定められている技能講習の上位資格である免許もあり、現場に応じて取得した方がご自身にも役にたちます。技能講習の下位資格である特別教育をわざわざ後日に取得する必要はありません。技能講習終了した作業主任者の業務範囲に入っているからです。

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者

  2. 資格

    切削工具研削技能士

  3. 資格

    貿易アドバイザー

  4. 資格

    左官技能士

  5. 資格

    ウェブデザイン技能士

  6. 資格

    造園技能士

  7. 資格

    タロットカード占いインストラクター認定試験口コミ評判

  8. 資格

    加工施設等において核燃料物質等を取扱う業務に係る特別教育

  9. 資格

    整理収納アドバイザー

資格ランキング